トピックス&ニュース

【理学療法学科】フィリピン研修 実施報告

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

2018年2月24日から3月25日の間、理学療法学科1年生7名が久保雅義教授引率のもと、フィリピンで行われているCommunity Based Rehabilitation(CBR) programに参加してきました。CBR programは、地域に根差したリハビリテーションを経験するプログラムであり、いわゆる英語の授業は用意されておらず、現状の英語の能力で医療やリハビリテーションの現場を見学・体験するプログラムです。

今回は4か所の実習先(UST:University of Santo Tomasなど)を訪問しました。主に脳卒中や小児麻痺の患者さんに対するリハビリテーションの見学や大学での講義や実技の授業を受けることが出来ました。USTの学生さんには、大学の歴史などを説明してもらいながら大学内を案内してもらうことや、現地の乗り物・食べ物にもチャレンジしてみました。このフィリピン研修を通して、今の段階での英語力や知識について知り、これからの勉強に対するモチベーションアップにつながりました。

フィリピン研修の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/180425.pdf (4.63MB)


海外研修に少しでも興味を持っていただけたでしょうか?興味がある高校生の方は、本学ホームページの海外研修ページを見たり、オープンキャンパスに参加したりしてください。実際に海外研修に参加したメンバーが多くいますので、直接、いろいろと聞いてみてくださいね!!

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

このページの先頭へ戻る