トピックス&ニュース

【理学療法学科】15期生 武石みどりさんの卒業研究が第124回日本解剖学会でトラベルアワードを受賞!

画像1 画像2

3月27日(水)~29日(金)に朱鷺メッセで第124回日本解剖学会総会・全国学術集会が開催されました。日本解剖学会は日本最古の医学系学会であり、新潟開催はなんと55年ぶりでした。この記念すべき平成最後の学会で武石みどりさん(理学療法学科15期生、スポーツ医科学Lab)がトラベルアワードを受賞する快挙を達成しました!

【演題名】
前脛腓靭帯の下部線維束の形態学的特徴~足関節外側部の軟部組織性インピンジメントに着目して~

【武石さんのコメント】
今回、卒業研究として100足という非常に多くの標本を使用させていただき、足関節についての基礎研究を行うことができました。研究はとても大変でしたが、とても貴重な経験をさせていただきました。指導教員の江玉先生やゼミ生と共に思考錯誤しながら行ったことで、このような賞を受賞することができたと思います。今後も疑問に思ったことを調べることや学ぶことを忘れずに、社会人として頑張っていきたいと思います。

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

>>SHAINプロジェクトの詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/shain/

このページの先頭へ戻る