文字サイズ

トピックス&ニュース

【地域・産官学連携】とよさか中高年教養大学「健康長寿学」実施報告(5月)

画像1 画像2

とよさか中高年教養大学は北区民の方を対象に毎月13科目が開講されており、本学はこのうち「健康長寿学」を担当しています。
今年度の第2回目は5月23日(木)に葛塚コミュニティセンターで開講され、北区民を中心とした54人の方が受講されました。
5月の講座は「生涯における学びと健康」というテーマで、健康スポーツ学科の佐藤裕紀先生が講師を担当されました。佐藤裕紀先生は生涯学習を研究テーマとしており、本講義でも生涯学び続けることの意義を、クイズや質問を取り入れながら楽しくご講義いただきました。
前半は最新のデータをもとに我が国の急速な超高齢化の実態や高齢期の不安や課題を共有し、後半は生涯学習の定義やこれがもたらす生きがい、そして大人の学びの特徴について解説があり、「中高年教養大学」に通うことそれ自体が持つ健康への意義を確認しました。参加者からは、「大変興味深かった」「生涯学習に参加する意味を再確認できた」といった声が聞かれました。

>>地域・産官学連携の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/community/

このページの先頭へ戻る