文字サイズ

トピックス&ニュース

【理学療法学科】松澤寛大さんが第126回日本解剖学会でトラベルアワードを受賞!

画像1 画像2

3月28日~30日に第126回日本解剖学会総会・全国学術集会が開催され(Web開催)、松澤寛大さん(理学療法学科15期生、大学院修士課程2年、スポーツ医科学Lab、運動機能医科学研究所)がトラベルアワードを受賞しました。
日本解剖学会は日本最古の医学系学会であり、トラベルアワードは肉眼解剖学の若手研究者の育成・奨励を目的とした賞です。

【演題名】
Contributions of the third and fourth digits and the second and fifth digits of the flexor digitorum superficialis muscle to elbow valgus stability

【松澤さんのコメント】
この賞は、過去に江玉先生や先輩方も受賞されています。今回、受賞することができたのも、先生方、先輩方の御指導があったからだと思います。今後も臨床で生じた疑問を1つ1つ明らかにし、世の中に発信していきたいと思います。


>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

>>SHAINプロジェクトの詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/shain/

このページのトップへ