文字サイズ

トピックス&ニュース

【理学療法学科】長坂和明助教の研究論文が国際誌に掲載されました!

画像1

長坂和明助教(理学療法学科・神経生理Lab・運動機能医科学研究所)の研究論文が国際誌「Cerebral Cortex」に掲載されました。

脳卒中のあとに生じる病的な痛みについてそのメカニズムを解明するための研究となっております。



[研究概要]
脳卒中の後遺症の一つである病的な痛みのメカニズムは良く分かっていません。
これまで私たちは当該病態をよく再現するマカクサルモデルを確立し(Nagasaka et al., Scientific Reports -2017-)、病的痛みに関連する二次体性感覚野および後部島皮質の異常な脳活動上昇を報告してきました(Nagasaka et al., Experimental Neurology -2020-)

本研究ではこのモデル動物を対象に経時的に撮像した構造MRI画像を使ってVoxel-based morphometry(VBM)法を行うことで、局所脳容積の時間的変化を調べました。
さらに、VBMで得られた容積変化の背景にある細胞レベルの変化についても組織学的手法を用いて調べました。その結果、痛みが生じている時期には後部島皮質の容積は脳卒中前と比べ約10%も減少していることを発見しました。
また、後部島皮質および隣接する二次体性感覚野では興奮・抑制性シナプス(神経細胞がもつ微小構造物)が減少していることを突き止めました。

>>詳しい研究内容はこちら
https://www.nuhw-pt.jp/2021/04/-20210421.html

[長坂先生からコメント]
脳卒中後の痛みは耐え難い痛みであり、それに苦しんでいる患者さんは多いです。本研究のVBMで明らかになった後部島皮質と二次体性感覚野の灰白質容積減少は、実際の患者さんでも確認されている現象です。動物モデルが患者さんと同様の神経系の変化を再現できているとすると、このモデルに生じている細胞レベルの変化を特定していくことは脳卒中後疼痛のメカニズム解明だけでなく薬剤治療やリハビリなどの治療法開発の一助になると思われます。
  
[原著論文情報]  
Kazuaki Nagasaka, Kiyotaka Nemoto, Ichiro Takashima, Keiji Matsuda, Noriyuki Higo. Structural plastic changes of cortical gray matter revealed by voxel-based morphometry and histological analyses in a monkey model of central post-stroke pain. Cerebral Cortex (2021), doi: 10.1093/cercor/bhab098


>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

>>SHAINプロジェクトの詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/shain/
  

  

このページのトップへ