臨床技術学科カリキュラム

臨床技術学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 学科紹介
動画
学科ブログ

臨床技術学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 学科紹介
動画
学科ブログ

履修科目

2つの国家資格の同時取得に必要な科目をすべて配置した本学独自のカリキュラム

「医学」「臨床工学」「臨床検査学」に関連する科目を同時進行で学ぶ効率的な科目配置で、臨床工学技士及び臨床検査技師のダブルライセンス取得を目指します。また、それぞれの専門知識・技術をあわせ持つ臨床技術者として、チーム医療の一員として質の高い医療を提供するための実践的なスキルを身につけます。

1年次

基礎教養、教養科目を中心に学びます。また、臨床工学技士と臨床検査技師のダブルライセンス取得に向けた専門基礎科目の中から、基本的医学知識として医学概論、解剖学、生理学、生化学や基本的工学知識として医用工学概論、電気工学を学びます。

2年次

臨床医学総論、病理学、臨床化学、臨床検査総論、電子工学、機械工学、物性工学、情報科学概論、医用機器学概論など、医学を共通分野として「臨床工学系分野」「臨床検査系分野」を効率よく学びます。

3年次

臨床技術学の中で特に治療に必要な知識・技術として、臨床免疫学、薬理学、看護学概論、生体機能代行装置学、微生物学、臨床血液学、臨床生理学、医用機器安全管理学等を学び「質が高く、安心・安全な医療」とは何かを学びます。

4年次

新潟県内・県外の実習先で臨床実習I・IIを行います。
病院で行う実習前に1~3年次に身に付けた基礎知識の整理や手技の確認を行います。実習終了後の臨床実習報告会では、各学生の実習報告をもとにディスカッションを行います。卒業研究は、卒業研究計画、中間発表、最終発表を行い卒業論文集を作成します。並行して国家試験に備えます。

※2020度入学生用のカリキュラム予定であり、変更となる場合があります。(2019年3月31日現在)

科目紹介

解剖学実習

解剖学実習写真

医療専門職にとって、身体の仕組みを知ることはとても大切です。この科目では、豚の胎児をメスやピンセットを使って実際に解剖します。また、人体の組織を顕微鏡レベルで観察し、各臓器の細胞の働きを明らかにします。身体の各部位の配置や役割を知ることで、人の生命活動について深く理解します。

臨床血液学実習I・II

臨床血液学実習I・II写真

臨床血液学とは、赤血球・白血球・血小板の各種血球や止血に関する検査技術について修得する科目です。つまり貧血・白血病・血友病などの血液疾患の診断に欠かせない検査です。この科目では、採血した血液を用いて、血球の染色と顕微鏡での観察や止血に関連する因子などを測定し基礎力を身につけます。

生体機能代行装置学実習

生体機能代行装置学実習写真

心臓、肺、腎臓などは、生命の維持に必要な臓器です。これらの臓器の代わりとなる機器が人工心肺装置、呼吸療法装置、血液浄化装置などの生体機能代行装置です。医学と工学の知識を活かしたこの科目では、臨床工学技士に必要となる高度医療機器の原理や操作、保守・点検方法について学びます。

生化学実習

この科目は、生体を構成している物質の基本構造や性質、機能などを理解し、それぞれの項目の分析技術を修得します。実験に使用するピペットなどの器具器材の正しい使用法を学び、これらを使って生体物質を測定する試薬の調整、測定などを行います。さらに、酵素反応速度の測定など臨床検査で重要となる操作について、実践的に学びます。

医用工学概論実習

医療を支えている医用工学は、電気工学、電子工学、機械工学などから構成されています。この科目は、まず医用工学の歴史からその成り立ちを学び、その後、人工臓器など医用工学全体の概要について講義と実習を通じて体系的に学びます。また、電気機器の取り扱いなど基本的な安全対策についても学びます。

臨床医学総論I・II

この科目は、病気の成り立ちや病態の特徴を学ぶ授業です。呼吸・循環器疾患、消化器系疾患や血液疾患、脳神経障害などの成因や病態生理、症状、臨床検査所見、診断、治療、経過、予後などを学びます。また、集中治療体制や麻酔科学の特徴など、医療に関する幅広い知識や技能を身につけ、より高度な医療が実践できる実力を身につけます。

臨床検査総論I・II、実習I・II

この科目は、臨床検査の基礎となる科目であり臨床検査技師の専門教科のうち、最初に学ぶ科目でもあります。検査技師の役割や使命、検査に関する心構えと一般的注意事項を学び、医療人として必要な資質の修得を目指します。さらに、血液・尿などの検査試料の採取方法と検査方法について、講義と実習を通じて実践的に学びます。

臨床実習

主に病院等の医療機関で約8週間の期間で実施されます。血液浄化装置実習、手術室及び集中治療室実習などを通じて、臨床工学技士業務および臨床検査技師業務について実践的に学びます。またそれぞれの実習を連続して行うことで、各専門職としての高い実践力を磨くと共に、業務内容や役割の違いを理解し、それぞれの業務の連携を体感することで、将来、2つの資格を有した「臨床技術者」として活躍するためのスキルを獲得します。