【臨床技術学科】
優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

  • ホーム
  • 【臨床技術学科】優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

【臨床技術学科】優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

本学では建学の精神「優れたQOLサポーターの育成」のもと、優れたQOLサポーターに求められる資質・能力を5項目あげ、その英語の頭文字をとって「STEPS」と定義し、3ポリシーの中で使用しています。

アドミッション・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
高等学校卒業相当の国語・数学・物理・生物・化学など、入学選考試験にて出題する教科・科目の基礎学力を有する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
自分の意見を論理的に表現し、相手にわかりやすく伝えることができる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
学習や課外活動などに対して主体的に行動しようとする態度を有する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
ある事象に対して妥当な判断をくだすために、他者の意見を取り入れながら、多面的に考える能力を有する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
保健・医療・福祉領域に強い関心があり、臨床工学技士および臨床検査技師の両資格取得者になろうとする高い意欲を有する。

カリキュラム・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
臨床技術学に必要な科学知識および技術を修得するために臨床工学技士および臨床検査技師の二つの法律が指定する科目群を融合したカリキュラムを編成する。成果は国家試験合格率で評価する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
チーム医療を学び、チーム中で的確な情報を共有し、自らもチームで中心的役割を担える能力を涵養するために学内実習および学外臨床実習を配置する。成果は実習試験、臨床実習先からのルーブリックに準じた実習評価報告で評価する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
対象者に対して多面的にかかわることができる能力を涵養するために臨床工学および臨床検査学を同時に学ぶカリキュラム編成する。成果は科目試験で評価する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
検査結果を解析・評価できる基礎的技術を修得するために各種疾患の病態を体系的に学ぶカリキュラムを編成する。機器の安全な使用や保守管理ができる技術を修得するために機器の原理、構造および治療法を理解する科目を配置する。成果は科目試験により評価する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
時代の求める優れたQOLサポーターの一翼を担う人材になるための心構えを涵養するために、臨床工学技士と臨床検査技師の二つの資格(ダブルライセンス)を取得できるカリキュラムを編成する。成果は科目試験および臨床実習先からのルーブリックに準じた実習評価報告で評価する。

ディプロマ・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
臨床工学技士と臨床検査技師に必要とされる専門基礎知識と技術を活用できる。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
チーム医療の一員として、対象者および他の職種と良好なコミュニケーションを図りながら、職務を遂行できる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
臨床工学技士と臨床検査技師のダブルライセンスをもつ医療専門職として、他の専門職との連携、協働することにより、高いレベルで対象者を支援できる。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
臨床工学と臨床検査の専門的知識と技術を総合的に活用し、さまざまな健康問題を論理的に的確に解決できる。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
生涯を通じて最新の医療情報や医療技術の進歩に関心をもち、常に専門性を追求することができる。

臨床工学技士の業務指針とSTEPSのマッチング

下記表は、本学の掲げる各学科のSTEPSが各職種の業務指針などと整合性がとれているかのマッチングを確認したものです。※業務指針などの出典は、表の下部に記載。
各表の左の列には業務指針などの項目が並び、表頭には順にS・T・E・P・Sの欄が並んでいます。
業務指針とSTEPSの内容が項目全体として良く合致する場合には◎が記載され、項目の中のキーワードが良く合致する場合には〇が記載されています。
結果をご覧いただくと、本学のSTEPSが各専門職の業務指針などと良く一致していることがご確認いただけると思います。

  S T E P S
Ⅰ.業務全般にわたる留意事項  
生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業務とし,以って,医療の普及及び向上に寄与する.        
生命維持管理装置操作及び保守管理に関する専門医療技術者であることを十分認識し,医療機器の専門家として最善の努力を払って業務を遂行する.  
医療チームの一員として医師その他の医療関係者と緊密に連携し,常に患者の状態を把握し,患者の状況に的確に対応した医療を提供するチーム医療の実践化を進め,より円滑で効果的かつ全人的な医療を確保することに協力する.    
医療機器の専門医療職として積極的に医療機器安全管理委員会等へ参加し,医療安全管理委員会との連携の下に医療機関における安全対策に努めることとする.また,医療機器が院内感染の媒体となることもあり,院内感染対策委員会等と緊密な連携の下に安全確保に努める.
患者の治療に関する検討会等への参加に当たっては,患者の身体状況の情報把握に努めると同時に,生命維持管理装置及び関連する医療機器の操作に関して必要とされる情報を提供する.
患者又はその家族から生命維持管理装置及び関連する医療機器について説明を求められたときは,医師の指示に基づき適切に対応する.    
在宅医療で使用する生命維持管理装置及び関連する医療機器の操作及び日常点検等の適切な使用方法を,予め医師その他の医療関係職種等と緊密な連携の下に,患者及び家族等に指導を行い,安全の確保に努める.      
生命維持管理装置及び関連する医療機器の動向等に関する情報収集や,関連分野の知識等に関心を払うこと等を通して常に研讃に励み,専門的な知識及び技術を保つように努める.    
他の医療関係者に対して生命維持管理装置及び関連する医療機器の適切な使用方法及び保守方法等の教育や情報の提供に努める.    
機器のトラブル(不具合等)の調査に心がけ,「医薬品・医療機器等安全性情報報告制度」及び「医薬品・医療機器等安全性情報」を活用する.      
業務の遂行に当たっては臨床工学技士法の趣旨を十分理解し,関連法規を遵守しなければならない.      
業務上知り得た秘密を正当な理由無くして他人に漏えいしてはならない.これは臨床工学技士でなくなった後でも同様とする.          
医療機器業公正取引協議会「医療機関等における医療機器の立会いに関する基準」を遵守する.      
清潔野での作業では十分な知識・技能を習得し特に注意を払い,他の医療関係者との連携で十分な感染対策を講ずる.      
生命維持管理装置を用いた治療では患者の容体が急変する生命維持管理装置を用いた治療では患者の容体が急変することもあり,必要な機器・材料が直ちに使用できる体制を整えておかなければならない.    
Ⅱ.医師の指示に関する事項        
運転条件及び監視条件等について医師の指示を受けなければならない.また,業務の遂行に当たり,疑義がある点についてはその都度医師に確認を求める.      
生命維持管理装置の操作のうち次に該当するものを行おうとするときはこれらの操作に係る装置の運転条件(運転時間,運転速度その他設定又は変更を行うべき条件),患者及び装置の監視条件(監視時間,監視項目その他設定又は変更を行うべき条件),薬剤,薬液及び酸素ガス等の投与量,投与方法及び投与時期について,書面等により医師のできる限り詳細な指示を受けなければならない.      
Ⅲ.個別業務に関する事項          
治療開始  
治療開始から終了まで  
治療終了後  
その他        
特記事項:チーム医療を行う上で他の医療関係職種との関係において留意すべきである.      

公益社団法人 日本臨床工学技士会
臨床工学技士基本業務指針 2010
出典: http://www.ja-ces.or.jp/01jacet/shiryou/pdf/kihongyoumushishin2010n.pdf

臨床検査技師の業務指針とSTEPSのマッチング

  S T E P S
1)医療人としての責任を果たせる臨床検査技師          
①臨床検査を通じて「医療」を実践する臨床検査技師
②社会に貢献・寄与できる臨床検査技師
2)患者(国民)中心の仕事ができる臨床検査技師          
①疾病の早期発見、予防啓発を目的とした総合検診システムを開発できる臨床検査技師    
②検査の特性や意義について患者に説明・指導できる臨床検査技師    
➂臨床検査の発展に寄与できる教育者・研究者としての臨床検査技師    
3)多様な環境で対応できる臨床検査技師          
①医療施設の役割に即した臨床検査業務を実践できる臨床検査技師  
②標準化された知識・技術の上に積み上げられた専門性を追求できる臨床検査技師    
➂臨床研究の主要な担い手の一職種としての臨床検査技師  
4)自己研鑽の継続できる臨床検査技師          
①自己問題提起・解決を遂行できる基礎能力のある臨床検査技師    
②高いプロ意識をもった臨床検査技師    
➂日常業務の中で探究心や応用力を働かせ、自己の研究目標を持つ臨床検査技師    
5)後継者の育成ができる臨床検査技師          
①診療能力に加えて、教育・研究が実践できる臨床検査技師      
②地域・地区での教育ネットワークを推進する臨床検査技師      
➂特殊検査の伝承や特化した技能の個別指導ができる臨床検査技師      

(出典)一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 「臨床検査技師の未来構想」

このページのトップへ