視機能科学科在学生メッセージ

視機能科学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 現場からの
メッセージ
教員紹介 学科紹介
動画
学科ブログ

視機能科学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 現場からの
メッセージ
教員紹介 学科紹介
動画
学科ブログ

Student's Message #01

大須賀 歩写真

視機能科学科 1年
大須賀 歩
福島県
会津若松ザベリオ
学園高等学校

入学後にさらに深まる魅力!

本学科を選んだ理由は、保育園や高齢者福祉施設などでの実習が多く設けられており、すべての世代の対象者への検査やコミュニケーションについて実践的に学べるからです。また、連携教育を通じて“チーム医療”を学ぶことで、多職種の理解を深められるのも魅力でした。入学してからは、先生方や先輩方が分からないことを丁寧に教えてくださり、さらに学科の魅力を感じています!

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

高校時代に24時間テレビを見ていたら、徐々に視界に靄がかかり最後は失明してしまう病気の女性が出ていました。その女性は子どもが生まれてから病気を発症し、子どもの成長を見ることができず、今は子どもの顔すらはっきりと見ることは難しいほど進行していました。そこから眼に興味を持ち、色々と調べていくうちに視能訓練士という職業があるということを知りました。

Q部活動やサークル活動、ボランティア活動などで特に力を入れた活動を教えてください。

活動名:学友会
学友会はオープンキャンパスの手伝いや学園祭の運営などをします。どうやったらスムーズに進むことができるか、またどうやったら来てくれる方が楽しんでくださるのかを考えることは身についてきたと感じます。楽しさややりがいは、アンケートで学内を丁寧に案内してくれたや挨拶が良かったなど褒められた時や、来てくださった方が笑顔で帰られた時です。

Qオープンキャンパスに参加する大切さや楽しさ、見るべきポイントを教えてください。

オープンキャンパスは大学の雰囲気を直に体験できる大切な機会だと思います。私はオープンキャンパスに参加して、そこで学んでいる自分をイメージしてモチベーションを上げていました。見るべきポイントは学科ごとに行っている体験プログラムです。

  MON TUE WED THU FRI
1限   基礎生理光学   英語Ⅰ  
2限 一次救命処置法     視覚機能学I  
3限 聴覚系構造・機能・
病態
  基礎ゼミ 視覚機能学概論  
4限   情報処理I   解剖学  
5限 視覚系構造・
機能・病態
    眼の神秘  

Student's Message #02

藤巻 憲写真

視機能科学科 2年
藤巻 憲
新潟県
翔洋学園高等学校

日本海側唯一!!

新潟医療福祉大学を進学先とした理由として、日本海側で唯一の視能訓練士養成大学であるということ、校舎が綺麗かつ充実した設備が整っているという点が挙げられます。オープンキャンパスに参加した際に校舎の雰囲気などに惹かれました。実際に入学してよかったことは、設備が充実しているため様々な実習に取り組めるところです。また先生との距離も近く、気軽に質問などできるところもいい点だと思います。

Qおすすめの科目を教えてください。

視覚機能検査学Ⅱ
様々な検査の検査方法やその結果の意義や評価について学べます。また検査のコツや落とし穴なども学べとてもためになる授業です。眼科で何気なく受けていた検査がどんな検査なのかわかりとても面白いです。

  MON TUE WED THU FRI
1限   視覚機能検査学Ⅱ 視覚機能学演習Ⅱ    
2限   視覚機能訓練学Ⅰ      
3限 カウンセリング論 視覚機能学Ⅲ 連携基礎ゼミ 視覚機能学実習Ⅲ  
4限 眼疾病学Ⅰ 保健医療福祉
関連法規
   
5限 神経眼科学      

Student's Message #03

北村 愛海写真

視機能科学科 3年
北村 愛海
長野県
松代高等学校

目の健康を守りたい

私は小学生のころより目が悪い事や友人が眼鏡のせいでいじめられていたこともあり、目に携われる仕事をしたいと考えていました。中学生のころ、視能訓練士という職業があることを知り、どんな職業なのか調べました。眼鏡やコンタクトレンズの処方だけでなく様々な検査を通して、目の健康を守る手助けや見ることのサポートができる仕事であることを知り視能訓練士を目指しました。

Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由について教えてください。

視能訓練士を目指し様々な大学のオープンキャンパスに参加しました。本学を選んだのは先輩方の話を聞き先生と生徒の距離が近いことや最新の機器が充実していること、同行援護従業者とのダブルライセンスがとれるためです。実際に入学してみて、親切に指導していただき、授業でわからないことがあっても質問しやすい環境です。また、他大学から様々な分野の専門の先生方が来て授業をしてくれるため、詳しく学ぶことができます。

Qおすすめの科目を教えてください。

科目名:視覚機能評価学
視覚機能評価学では、模擬症例から必要な検査を考えることでデータの理解や検査結果の理解を深めることができました。症例結果の分析方法を学べるので、臨床実習でカルテを見たときに診断された症例の考え方を身につけることができました。

Q将来の夢や目標について教えてください。

将来は、目の健康を守る手助けのできる視能訓練士になりたいと考えています。そのために、臨床実習を含め、福祉・保育・健診実習、視覚障害関連実習を通し、学んだコミュニケーション力を活かし、一人ひとりに寄り添っていきたいです。

Qオープンキャンパスに参加する大切さや楽しさ、見るべきポイントを教えてください。

本学科のオープンキャンパスは実際に目の検査をしてもらえたり、先輩方と話す機会が多くあります。積極的に先輩と話すことで入試の情報や大学の様子をより知ることができると思います。

  MON TUE WED THU FRI
1限     ロービジョン医学演習 視覚総合演習Ⅰ 視覚機能学実習Ⅳ
2限 視機能学実習Ⅴ  
3限     視機能訓練学II
4限   眼疾病学Ⅱ    
5限   保健統計学      

Student's Message #04

南場 凌写真

視機能科学科 4年
南場 凌
新潟県
東京学館新潟
高等学校

患者様に寄り添える視能訓練士に

学外実習を行った際、多くの患者様が不安な気持ちで眼科に来院していると知り、患者様が安心して検査や訓練を行える環境をつくることも、視能訓練士の大きな役割だと感じました。本学科では、視覚の専門知識・技術が修得できるだけでなく、心理学などの心の分野も学ぶことができます。将来は、患者様に寄り添える視能訓練士として活躍したいと考えています!

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

私の知り合いには、中途失明による視覚障害の方がいます。高校生の頃、その方から日常生活の様子や一人で移動を行う際の大変さなど様々なお話を聞かせていただく機会がありました。その方からお話を聞き、少しでも視覚に障害を持つ方のお手伝いができるような仕事に就きたいと思ったことが視能訓練士を目指そうと思ったきっかけでした。

Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由について教えてください。

進学先として本学の視機能科学科を選んだ理由は、本学のオープンキャンパスへ行き、検査機器が充実していることや学生スタッフや先生方の雰囲気の良さを実際に見ることができたからです。実際に入学して良かったと実感することは、4年制のため視覚に関する専門分野を4年間じっくりと学ぶことができることです。また、解剖学や心理学など視覚以外に関する分野も学ぶことができることも魅力の一つです。

Q将来の夢や目標について教えてください。

実際に学外へ出て実習をさせていただいた際、眼科に来院する患者様は不安な気持ちで来院する方が多くおられると感じました。そのため、本学で学んだことを活かし、患者様が安心して検査や訓練を行えるような環境づくりのできる視能訓練士になりたいです。

Qオープンキャンパスに参加する大切さや楽しさ、見るべきポイントを教えてください。

オープンキャンパスでは実際に体験することのできる検査が多いため、眼科へ行かないと体験することのできない検査を体験してみると良いと思います。また、学生スタッフや先生が近くにいると思うので気になることを積極的に質問してみると良いと思います。

Q高校生にメッセージをお願いします。

本学の視機能科学科では視覚に関する専門分野はもちろん、QOL向上を考え他の医療職との連携も大切にしています。このため、他学科との交流を深めることができ来たり、他学科と連携することで視覚以外の分野からの目線での意見も聞けることが魅力の一つです。

  MON TUE WED THU FRI
1限 臨床実習、卒業研究、国家試験対策など
2限
3限
4限
5限

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。