文字サイズ

トピックス&ニュース

【水泳部】第96回日本選手権水泳競技大会中止に関する監督・選手コメントについて

【連絡先】新潟医療福祉大学 広報課
TEL. 025-257-4459 FAX. 025-257-4456

平素より本学に対し格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
昨日3月25日(水)に、日本水泳連盟より、第96回日本選手権水泳競技大会兼第32回オリンピック競技大会選考会(4月2日~7日、東京アクアティクスセンター)につきまして、中止する旨、発表がございました。
本学水泳部からも男子バタフライの水沼尚輝選手(本学職員)や女子自由形の佐藤綾選手(同)ら計15名の選手が参加予定でございました。
つきましては、昨日の発表を受け、本学水泳部の下山好充監督・水沼尚輝選手(本学職員)がコメントを発表しましたのでお知らせいたします。

今後とも、本学水泳部につきましてご声援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

●下山 好充(しもやま よしみつ) 監督(48)コメント
2016年に開催されたリオデジャネイロオリンピックでは残念ながら出場を果たせず、そこから4年間、選手たちやチームスタッフと共に色々な苦難を乗り越えながら、この東京オリンピックの選考会に向けて万全の準備をしてきました。
そして、選手たちは「東京オリンピック選考会まであと何日」とカウントダウンしながらその時期に応じた厳しいトレーニングに耐えてきました。
そういった意味では、今回のオリンピック選考会中止は非常に残念なことであり、4年間この日のために努力し続けてきた選手たちの気持ちを考えると胸が痛みます。
しかし、日本全国がこのような危機的状況になっている中で、選手も含めた国民の健康と安全を最優先に考えた措置としてしっかりと受け入れたいと思っております。
また、東京オリンピックが約1年間の延期となりましたので、東京オリンピックの選考会も1年以内に開催される予定です。
選考会の日程が決まっていないので難しい部分もありますが、このような大変な状況下でも色々な方々の協力のおかげで練習できている環境に感謝しながら、引き続き万全の準備を進めていきたいと思います。
そして、応援してくれる多くの皆様に元気や勇気を与えられるようなレースができるよう選手と共に全力でオリンピック出場に向けたチャレンジをし続けたいと思います。


●水沼 尚輝(みずぬま なおき) 選手(23)コメント
私はオリンピックの前哨戦であるオリンピック選考会に挑む予定でしたが、中止という文字を聞いて複雑な気持ちを抱きました。
心技体を独特な雰囲気の中、試合に向けて調整をしていました。
「泳ぎたかった」というのが率直な気持ちです。
しかし、この気持ちは誰もが同じだと感じています。
まずはこの状況を冷静に捉えてポジティブに考えていく事が1番だと思っています。
今は誰もが大変な時期で、家族、友人、みんなが健康で元気である事が1番大切で、みんなが元気で応援してくれた方がアスリートも気持ちいいし、もっと頑張れます。
みんなで力を合わせて闘っていきたいと思います。

【経歴】
栃木県作新学院高等学校 → 新潟医療福祉大学 →新潟医療福祉大学職員
【2019年度の主な戦歴】
第18回世界水泳選手権大会出場
第95回日本選手権水泳競技大会 男子100mバタフライ優勝 など

>>水泳部の詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/sport/swimming/

>>水泳部ブログ「水泳部 通信」はこちら
http://nuhw.blog-niigata.net/swim/

このページの先頭へ戻る