スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

作業療法学科

教員紹介

間宮 靖幸写真

リハビリテーション学部/作業療法学科

間宮 靖幸
Yasuyuki Mamiya
助教

プロフィール

担当科目身体障害作業療法評価学、作業療法評価学概論
専門分野行動神経学、神経心理学
学位・称号/取得機関/取得年博士(障害科学)/東北大学/2016年
資格作業療法士
最終出身校東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学分野
過去の経歴(医社)双愛会足尾双愛病院を経て現職
所属団体・学会等日本作業療法士協会、日本高次脳機能障害学会、日本神経精神医学会

業績等

研究領域レビー小体型認知症における幻視の検出方法の開発とそのメカニズムの解明
研究紹介レビー小体型認知症などの認知症性変性疾患の方を対象として、幻覚の一種である幻視の評価方法についての研究、またレビー小体型認知症における視線探索の様子を計測・分析して他疾患との差異を検証する研究を行っております。
研究論文Watanabe H, Nishio Y, Mamiya Y, et al. Negative mood invites psychotic false perception in dementia.
PLoS ONE 13(6): e0197968, 2018.
Nishio Y, Yokoi K, Uchiyama M, Mamiya Y, et al. :Deconstructing psychosis and misperception symptoms in Parkinson's disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry 0:1-8, 2017.
間宮靖幸,西尾慶之:幻視症.CLINICAL NEUROSCIENCE vol.35 no.6 2017.
Mamiya Y, Nishio Y, Watanabe H, et al. :The Pareidolia Test: A Simple Neuropsychological Test Measuring Visual Hallucination-Like Illusions. PLoS ONE 11(5): e0154713, 2016.
間宮靖幸,西尾慶之,森悦朗:DLBにおける認知障害,精神症状とその治療.脳 21 19巻2号 p150-155 2016.
間宮靖幸,小林孝次,光藤優,他:頭部外傷後四肢麻痺患者に対するPC導入と入力装置の工夫.作業療法ジャーナル 47 (3), 281-285, 2013.
研究業績2017年度研究活動スタート支援 採択
2018年度科研費 若手研究 採択

このページの先頭へ戻る