救急救命学科教員紹介

救急救命学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科ブログ

救急救命学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科ブログ

教員紹介

竹井 豊写真

医療技術学部/救急救命学科
Faculty of Medical Technology/Department of Emergency Medical Sciences

竹井 豊
Yutaka Takei
医療福祉学研究科保健学専攻救急救命学分野長/救急救命学科長/教授

プロフィール

担当科目救急統計学,病院前医学概論 等
専門分野救急医学
学位・称号/取得機関/取得年博士(医学)/金沢大学/2012年
資格救急救命士
最終出身校金沢大学大学院医学系研究科循環医科学専攻博士課程修了
過去の経歴白山野々市広域消防本部、常翔学園広島国際大学保健医療学部医療技術学科准教授を経て現職
所属団体・学会等日本臨床救急医学会評議員、日本蘇生学会、日本医学教育学会

外部リンク

業績等

研究領域救急隊員の身体負担軽減策の検討,効果的な救急医療システムに関する研究
研究紹介病院外心停止に関する研究を行っています。
1)効果的な救急医療システムに関する研究
2)心停止予後に関連する因子の分析
3)救急救命士の身体負担軽減策の検討
これまで行ってきた主な研究
・119番通報遅れの原因と患者の予後の分析
・救急救命士が行う気管挿管の短期・長期予後に関する効果の検討
・公共施設の救急対応マニュアル内容の比較検討
・質の高いバイスタンダーCPR(心肺蘇生法)に関係する因子の分析
・死戦期呼吸モデル作製の検討
著書1. 「リーダーシップと救急隊長の役割」  へるす出版社、著者:竹井豊、発行年月:2016年07月
2. 「必携救急資器材マニュアル」  ぱーそん書房、著者 安田康晴・竹井豊、発行年月:2015年12月
3. 「救急医療におけるメディカルコントロール」 へるす出版、編集:救急医療におけるメディカルコントロール検討委員会
4. セルフチェック救急救命15,000問 へるす出版 編集:救急救命士教育育成研究会 
5. 「必携救急資器材マニュアル 改訂第2版」ぱーそん書房、著者 安田康晴・竹井豊、発行年月:2022年4月
受賞歴公益信託丸茂救急医学研究振興基金賞,2019年度ベストティーチャー賞(新潟医療福祉大学)
研究論文1.坂口英児, 安田康晴, 山本弘二, 吉川孝次, 佐々木広一, 友安陽子, 竹井豊「ストレッチャーの持ち上げ操作時における身体負荷の男女差と対策」日本臨床救急医学会雑誌24巻5号 Page712-716(2021.10)

2.Takei Y, Megumi Hasegawa, Tetsuhiro Adachi. Analysis of adverse events in the prehospital field activities: A quantitative study using secondary research methods. 日本臨床救急医学会雑誌24巻4号 Page569-577(2021.08)

3.竹井豊, 安達哲浩, 長谷川恵, 大松健太郎, 神藏貴久「救急救命士養成施設における学生のバイタルサイン測定の正確性」日本臨床救急医学会雑誌(1345-0581)23巻2号 Page105-109(2020.06)

4.竹井豊, 安田康晴, Burnett Fumi「オーストラリア連邦における病院前救急医療システムから学ぶ 女性の入職促進と電動ストレッチャー導入による救急隊員の身体負担軽減策」プレホスピタル・ケア33巻1号 Page92-95(2020.02)

5.竹井豊, 稲葉 英夫「死戦期呼吸の特徴」プレホスピタル・ケア32巻2号 Page38-41(2019.04)

6.Takei Y, Kamikura T, Nishi T, Maeda T, Sakagami S, Kubo M, Inaba H. Recruitments of trained citizen volunteering for conventional cardiopulmonary resuscitation are necessary to improve the outcome after out-of-hospital cardiac arrests in remote time-distance area: A nationwide population-based study. Resuscitation. 2016 Aug;105:100-8.

7.Kamikura T, Iwasaki H, Myojo Y, Sakagami S, Takei Y, Inaba H. Advantage of CPR-first over call-first actions for out-of-hospital cardiac arrests in nonelderly patients and of noncardiac aetiology. Resuscitation. 2015 Nov;96:37-45.

8.Maeda T, Kamikura T, Tanaka Y, Yamashita A, Kubo M, Takei Y, Inaba H. Impact of bystander-performed ventilation on funcrional outcomes after cardiac arrest and factors associated with ventilation-only cardiopulmonary resuscitation: a large observational study. Resuscitation. 2015 Jun;91:122-30.

9.Takei Y, Nishi T, Kamikura T, Tanaka Y, Wato Y, Kubo M, Hashimoto M, Inaba H. Do early emergency calls before patient collapse improve survival after out-of-hospital cardiac arrests? Resuscitation. 2015 Mar;88:20-7.

10.Nishi T, Takei Y, Kamikura T, Ohta K, Hashimoto M, Inaba H. Improper bystander-performed basic life support in cardiac arrests managed with public automated external defibrillators. Am J Emerg Med. 2015 Jan;33(1):43-9.

11.Matsubara H, Enami M, Hirose K, Kamikura T, Nishi T, Takei Y, Inaba H. The effects of obligatory training and prior training experience on attitudes towards performing basic life support: a questionnaire survey. Acute Medicine & Surgery. 2015; 2: 105–113.

12.Hirose K, Enami M, Matsubara H, Kamikura T, Takei Y, Inaba H. Basic life support training for single rescuers efficiently augments their willingness to make early emergency calls with no available help: a cross-over questionnaire survey. Journal of Intensive Care. 2014 April;2:28.

13.Takei Y, Nishi T, Matsubara H, Hashimoto M, Inaba H. Factors associated with quality of bystander CPR: the presence of multiple rescuers and bystander-initiated CPR without instruction. Resuscitation. 2014 Apr;85(4):492-8.

14.Takei Y, Nishi T, Takase K, Kamikura T, Inaba H. Misplaced links in the chain of survival due to an incorrect manual for the emergency call at public facilities. Int J Emerg Med. 2013 Sep 4;6(1):33.

15.Ohta K, Nishi T, Tanaka Y, Takei Y, Enami M, Inaba H. Primary respiratory arrest recognised by emergency medical technicians and followed by cardiac arrest in Japan: identification of a subgroup of EMT-witnessed cardiac arrests with an extremely poor outcome. Resuscitation. 2012 Sep;83(9):1098-105.

16.Enami M, Takei Y, Inaba H, Yachida T, Ohta K, Maeda T, Goto Y. Differential effects of ageing and BLS training experience on attitude towards basic life support. Resuscitation. 2011 May;82(5):577-83.

17.Takei Y, Inaba H, Yachida T, Enami M, Goto Y, Ohta K. Analysis of reasons for emergency call delays in Japan in relation to location: high incidence of correctable causes and the impact of delays on patient outcomes. Resuscitation. 2010 Nov;81(11):1492-8.

18.Takei Y, Enami M, Yachida T, Ohta K, Inaba H. Tracheal intubation by paramedics under limited indication criteria may improve the short-term outcome of out-of-hospital cardiac arrests with noncardiac origin. J Anesth. 2010 Oct;24(5):716-25.

19.Enami M, Takei Y, Goto Y, Ohta K, Inaba H. The effects of the new CPR guideline on attitude toward basic life support in Japan. Resuscitation. 2010 May;81(5):562-7.
研究業績1.科学研究費助成事業 平成27年度挑戦的萌芽研究 研究課題「死戦期呼吸モデル作成の検討」 代表研究者
2.公益信託丸茂救急医学研究振興基金 研究課題「救急隊到着遅延へき地の家庭で発生した院外心停止の予後に関する因子の同定と予後改善のための方略の立案」 代表研究者
3.公益財団法人 三井住友海上福祉財団 研究課題「救急隊員を対象とした病院連絡トレーニングツールの開発」
4.日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)「VRを活用した臨地実習前メディア授業教材の製作」安達 哲浩, 竹井 豊, 大松.健太郎, 大和田 均2021年4月 - 2024年3月
5.一般財団法人救急振興財団 「救急に関する調査研究事業」「救急現場滞在時間延伸の要因解明に関する研究」研究代表者 竹井豊,2021年4月 - 2022年3月
6.一般財団法人救急振興財団 「救急救命の高度化の推進に関する調査研究事業」委託「指導救命士による病院連絡教育プログラムの構築」研究代表者 竹井豊,2021年4月 - 2022年3月
社会的活動1.平成29年度, 30年度,令和3年度救急救命士生涯教育(石川県消防学校)講師、講義内容 「救急隊長の責務、リーダーシップ論」
2.令和3年度救急課程教育(石川県消防学校)講師,講義内容「ストレスマネージメント」