看護学科在学生メッセージ

Student's Message #03

村上 清楓写真

看護学科 3年
中村 彩華
新潟県
巻高校出身

気持ちを大切に
私は実習で認知症の患者様を受け持ちました。その後、友人がその方に合うと「私にもあなたと同じ服を着た子が最近までついてて、名前は思い出せないけど、一緒にいて本当に楽しかったの。だから、ありがとうと伝えて。」とおっしゃったそうです。『認知症の人は体験したことは忘れても、その時に感じた気持ちは忘れない。』そう学習したことを実感し、頑張って良かっとも思いました。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

私は高校3年生の時、大好きだった祖父を亡くしました。体調が悪くなっていく過程を見て、亡くなるその時も一緒にいたのに、自分は何もできずただ話を聞いて見ていることしかできないことに悔しさを感じました。その悔しさから、病気で苦しむ人の一番近くで、その人の気持ちに寄り沿い気持ちを共有することで苦痛や不安の軽減ができたらと思い、看護師になりたいと思いました。

Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由を教えてください。

本学は、看護師の国家資格だけでなく、保健師や助産師、養護教諭の資格取得を目指すことができます。現在私も、看護師以外の資格取得に向け頑張っています。複数の資格取得を目指せることは、それだけ将来の選択肢が増え、より自分に適した分野の道に進むことができると思っています。それが本学の大きな魅力であると感じ、本学を選びました。

Q現学年で履修した授業・実習について教えてください。

授業・実習・分野名:命の倫理
「命の倫理」という授業は、安楽死、脳死・臓器移植、代理母といった医学の中でも答えのない難しい問題について検討し、人の命の大切さや人権についてみんなで考え自己の考えを導き出す授業です。人の命を預かる職業として、命の重みや人権の尊重について深く向き合い学ぶ、とても良い機会であり、看護師という職業の責任の重さと難しさを勉強できました。

Q将来の夢や目標について教えてください。

私は、多くの方を笑顔にできる看護師になりたいです。忙しい中でも患者様やその周りで支える方々の話に耳を傾け、寄り沿い、気持ちを共有することで、病気の治療という苦しい中でも笑顔があふれるような環境を作れる人になりたいです。

Q部活動やサークル活動、ボランティア活動などで特に力を入れた活動を教えてください。

活動名:レクア・コム部
私は、レクア・コム部という障害のある子やご高齢の方、北区の地域の方など多くの方々と一緒に活動するボランティア部に所属しています。学内だけでなく地域で活動することで、地域のあたたかさや繋がりの大切さを実感することできました。

  MON TUE WED THU FRI
1限   看護研究方法論
(クリティーク含)
特別活動研究Ⅰ リプロダクティブ
ヘルスケア
演習演習
 
2限 生徒指導論   保健統計学
3限 看護管理学   がん看護学 成人急性期
看護学演習
教育相談
4限      
5限        

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

看護学科 メニュー

看護学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 教員紹介
PCサイトを見る