看護学科在学生メッセージ

Student's Message #04

野口 優写真

看護学科 4年
東條 真衣子
長野県
長野東高校出身

退院を見据えた看護ケアを学ぶ!
 3年次から4年次に実施された学外実習では、実際の患者様を担当させていただき、入院中の看護ケアについて実践的に学ばせていただいたと同時に、退院後の看護職の役割や重要性に気づかされる貴重な学びを得ることができました。この経験を活かして、将来は入院中のケアのみならず、退院後も見据えたより良い看護が提供できる看護師になりたいです。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

私が看護師を目指したきっかけは、小学生の頃にテレビで放送されていた“電池が切れるまで”という地元のこども病院を舞台としたドラマを観て感動したことです。自分と同じくらいの年代の子どもが重い病気を患いながらも、一生懸命生きている姿が強く印象に残りました。そこから人を助けることや支えることをしたいと強く思うようになり、看護師を目指しました。

Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由について教えてください。

本学を選んだ理由は、高校三年生の時進路で悩んでいた際に、担任の先生から本学を紹介をしてもらったことがきっかけです。その後、オープンキャンパスに参加し、この大学で学びたいと強く感じました。また、本学科では看護師のみならず、保健師、助産師、養護教諭の資格取得を目指すことができ、自分の将来につながる道を広げることができると思い、入学を決意しました。

Q所属学科で体験した「感動エピソード」や「印象に残っているエピソード」を教えてください。

「私たち患者はね、わかるんだよ。この看護師さんは私たちのことを考えていてくれてる人だって。反対に、仕事としてしかお世話してもらっているなって感じることもある。だから患者のことを考えられる素敵な看護師さんになってね。」これは、緩和ケアの実習で患者様からと言われた言葉です。この言葉はとても印象に残り、今後看護師として働く中で大切にしていきたいと思いました。

Q将来の夢や目標について教えてください。

私は将来、その人らしく生活できるよう支えられる看護師になりたいです。そのためには患者様を知り、理解しようとすることが大切だと思います。その方にとっての生きるということ、幸せにも寄り添っていきたいです。

Q部活動やサークル活動、ボランティア活動などで特に力を入れた活動を教えてください。

活動名:バレーボールサークル
サークル活動では、同学年の学生だけでなく先輩や後輩と学科の枠を越えて仲良く楽しく活動していました。初心者の人も多くいましたが、経験者がフォローしたりしてみんなが楽しめるサークルでした。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスでは、様々な体験をすることができます。おすすめは、行きたい学科の先輩から話を聞くことです。在学生は受験のことや生活、勉強とサークルとの両立の仕方など、聞けば必ず答えてくれると思います!

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

私はこの大学で学ぶことができて良かったと感じています。勉強や実習など大変なことはありましたが、どれも自分の糧になったと思います。先生・生徒誰もが温かく、支えあいながら4年間過ごせると思います。

  MON TUE WED THU FRI
1限     公衆衛生看護管理学    
2限        
3限         ディメンチア・ケア
4限        
5限 公衆衛生
看護管理学
       

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

看護学科 メニュー

看護学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 教員紹介
PCサイトを見る