スマートフォンサイトを見る

看護学科

教員紹介

中山 和美写真

看護学部/看護学科

中山 和美
Kazumi Nakayama
医療福祉学研究科健康科学専攻長/看護学分野長/教授

プロフィール

担当科目基礎ゼミ、連携基礎ゼミ、リプロダクティブヘルスケア、リプロダクティブヘルスケア演習、性と生殖、助産診断・技術学Ⅲ・Ⅳ、母性看護学実習、助産学実習、看護教育学、卒業研究、連携総合ゼミ、看護実践論、統合実習
専門分野母性看護学・助産学
学位・称号/取得機関/取得年博士(医学)/昭和大学/2005年  修士(社会学)/東洋大学/1998年
資格看護師、助産師、受胎調節実地指導員
最終出身校東洋大学大学院社会学専攻(修士課程)
過去の経歴昭和大学短期大学看護学科講師 
昭和大学保健医療学部看護学科講師を経て現職
所属団体・学会等日本助産学会、日本母性衛生学会、日本看護学教育学会、日本思春期学会、日本家族学会、日本看護管理学会

業績等

研究領域育児支援に関する社会調査、セクシュアリティ教育の構築、ピアエデュケーションによる子宮頸がんの予防に関する研究
研究紹介看護学生と共にピアエデュケーションを用いた教育を行いながら、近年増加している子宮頸がんに関する調査研究を行っています。
著書根拠がわかる母性看護技術(共著)、メヂカルフレンド社、2008.
看護実践のための根拠がわかる母性看護技術(共著)、メヂカルフレンド社、2015.
看護学生のための臨地実習ガイド~先輩たちの事例から学ぶ、桐書房、2017.
研究論文看護学生ピアサークルメンバーによる子宮頸がん予防のピアエデュケーションの試み,共著,第26回日本助産学会学術集会
卒業期看護学生の看護技術の経験と自信,共著,第14回新潟医療福祉学会学術集会
医療福祉大系大学における教育のあり方,共著,新潟医療福祉学会誌12(2)53‐66  等
教育に関する活動新潟県看護職員臨地実習指導者養成講習会講師
新潟県看護教員養成講習会講師
社会的活動公益社団法人新潟県助産師会理事(副会長)(平成28年まで)

このページの先頭へ戻る