診療放射線学科教員紹介

診療放射線学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 卒業後の進路 在学生
メッセージ
教員からの
メッセージ
教員紹介 学科ブログ

診療放射線学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 卒業後の進路 在学生
メッセージ
教員からの
メッセージ
教員紹介 学科ブログ

教員紹介

織部 祐介写真

医療技術学部/診療放射線学科

織部 祐介
Yusuke Oribe
助教

プロフィール

担当科目診療画像検査機器学実習、放射線安全管理学実習、診療画像検査技術学実習、電気電子工学実験、情報科学演習、基礎ゼミ、連携基礎ゼミ
専門分野医療技術評価学、医学物理学
学位・称号/取得機関/取得年修士(医療技術学)/名古屋大学/2011年
資格診療放射線技師、医学物理士、日本スポーツ協会公認スポーツリーダー
最終出身校名古屋大学大学院医学系研究科
過去の経歴埼玉県立小児医療センター 放射線技術部
ラッフルズホスピタル ラッフルズジャパニーズクリニック(シンガポール)
藤田保健衛生大学 医療科学部 研究員
を経て現職
所属団体・学会等レギュラトリーサイエンス学会
小児放射線学会
日本診療放射線技師会
日本医学物理学会
日本放射線技術学会
日本放射線腫瘍学会
医学物理士会
日本超音波検査学会
日本Pediatric Interventional Cardiology学会

業績等

研究領域医療レギュラトリーサイエンス、医学物理学、小児放射線医学
研究紹介放射線分野の研究開発の実用化に際し、その安全性を科学的知見に基づき適正に評価することを研究のテーマとしています。特に、放射線の影響が大きいと考えられている小児に対する評価を行っています。
また、モンテカルロ・シミュレーションと呼ばれる数値シミュレーションを用いて、放射線の影響に関する研究をしています。
現場(臨床・開発・評価)に還元することを常に考えながら、研究・開発を行っています。
受賞歴2019年 公益社団法人日本診療放射線技師会 学術奨励賞
第65回 日本放射線技術学会総会学術大会 Cypos銅賞
研究論文1. R.Toshiya, H.Atsushi, I.Yasushi, T.Mikoto, M.Takuma, O.Yusuke, K.Masataka, O.Yasunori. ""Monte Carlo study of virtual plane source of linear accelerator in radiotherapy"", High Energy Accelerator Research Organization, Proceedings of the Eighteenth EGS Users' Meeting in Japan, p.43-48, 2011
2. 布施拓, 小幡康範, 下郷智弘, 松永卓磨, 織部祐介, 坪井孝達. 「電子線の側方電子平衡不成立照射野でのExtend SSDにおける線量分布の検討」, 放射線技術学会 放射線防護分科会誌、32、p. 66-67、2011
3. Y.Oribe, H.Shimizu, Y.Uchiyama, Y.Obata. ""Possibility Of Utilization Of The Calcification In Image-guided Radiotherapy For Prostate Cancer"", International Journal of Radiation Oncoology Biology Physics, Proceedings of the 52nd Annual ASTRO Meeting, Vol.78, No.3, Supplement, p.702, 2010
4. T.Matsunaga, N.Kataoka, K.Yasui, T.Shimozato, H.Fuse, Y.Oribe, Y.Igarashi, M.Komori, Y.Obata. ""Dose Characteristics of the 125I Seeds for Prostate Brachytherapy"", High Energy Accelerator Research Organization, Proceedings of the Seventeenth EGS Users' Meeting in Japan, p.25-32, 2010
研究業績小児循環器疾患の臨床試験における患者の放射線被ばく線量解析
日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月 研究代表者

インドの高自然放射線地域における被ばく線量測定と生殖機能評価
日本学術振興会 科学研究費助成事業 国際共同研究強化(B)
研究期間: 2019年10月 - 2023年3月 研究分担者
社会的活動2018年〜 日本診療放射線技師会国際委員会委員