スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

診療放射線学科

卒業後の進路

病院等医療機関、検診施設、医療関連企業をはじめ、多彩なフィールドで活躍!

超高齢社会の進展により、がん診断件数は年々増加しており、がん治療におけるX線CT検査やMRI検査などの各種画像検査や放射線治療の重要性が高まってきています。さらに、病気の早期発見や画像診断のための医療機器の開発など、「放射線のプロフェッショナル」としての診療放射線技師は、幅広いフィールドでの活躍が期待されます。

活躍の場

多彩なフィールドでの活躍

医療機関(総合病院、大学病院など) /検診施設/医療関連企業(医療機器メーカーなど)/教育研究機関/保健所/ラジオアイソトープセンター など

医療機関で
病院や診療所において、X線撮影やX線CT撮影、MRI撮影などの各種画像検査を行います。検査を通して、病気の早期発見や手術、救急現場に必要な情報を入手します。また、悪性腫瘍に対しての放射線治療にも従事します。

検診施設で
検診施設内に設置されている検査センターにおいて、胸部X線撮影やマンモグラフィ検査、超音波検査などを行います。また、検診車で一般企業や学校に訪問し、健康診断における各種検査を行います。

医療機器メーカーで
画像診断を行う医療機器を開発するため、医療機関に所属する診療放射線技師や医師と協力し、共同研究や共同開発などを行います。また、医療機器を導入した医療機関へ訪問し、各種検査における操作方法などの説明を行います。

教育研究機関で
大学や研究所などの教育研究機関において、新たな放射線診療機器や技術の研究開発、さらに重粒子線治療、高エネルギー放射線治療、放射線治療の品質管理など、放射線医療の発展のための専門性の高い研究を行います。

このページの先頭へ戻る