スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

診療放射線学科

カリキュラム

放射線医療の専門科目に加え、時代が求める高度な画像診断能力を磨く本学独自のカリキュラム

診療放射線技師が提供する検査画像は、病気の診断や治療方針の決定を左右する非常に重要な情報となるため、診療放射線技師には卓越した撮影技術と画像診断能力が求められます。本学科では、これらの高度な技術を身につけるため、画像検査や画像診断について実践的に学ぶ専門科目を多数配置しています。

履修科目

1年次

大学生として必要となる基礎教養科目を学ぶことを主とした配置となっています。また、次の学年から始まる診療放射線技術に関する重要な基礎科目、解剖学、生理学、診療放射線学概論などを学びます。また、救急医療学などの医療現場で必要とされる科目も組み込まれており、医学において重要なコミュニケーション能力を身につけます。

2年次

放射線物理学、放射線生物学、放射化学などの放射線と医学との関係する専門基礎科目を学びます。また、診療画像検査技術学、診療画像検査機器学などは講義と実習で学びます。選択科目としては、感染症・免疫学や生体医工学が配置され、専門分野と関連分野まで総合的に学習をすることが可能です。

3年次

高度な専門科目が主となります。画像診断学、放射線治療学、核医学検査技術学、医療情報システム学など、各検査機器や治療機器ごとにおける診療放射線技師の役割と責務を学びます。講義によって得られた知識や実習で得た技術は、4年次の臨床実習で成果を発揮します。3年次終了時には、OSCE(客観的臨床能力試験)によって評価し、実践能力も向上します。また、ゼミ活動による卒業研究が開始されます。

4年次

臨床実習が行われます。各地の病院で行われる実習に取り組みます。これまでに習った知識や技術をもとに、実習前には基礎知識や専門知識の整理をします。また、ゼミごとに指導教員のもと卒業研究が行われます。卒業研究の内容は研究発表会などで発表されます。臨床実習、卒業研究を通して4年間で学んだ内容を振り返り、国家試験に備えます。

※2020年度入学生用のカリキュラム予定であり、変更となる場合があります(2019年3月31日現在)

科目紹介

診療画像検査技術学実習Ⅰ・Ⅱ

診療画像検査技術学実習Ⅰ・Ⅱ写真 MRI検査やX線CT検査などの各種画像診断機器を使用し、人体ファントム(検査用模型)などによる撮影・撮像を行います。画像診断機器および関連医療機器の性能評価、保守点検、安全管理について体系的に学ぶことを目的としています。

画像診断学Ⅰ・Ⅱ

画像診断学Ⅰ・Ⅱ写真 単純X線検査、X線CT検査、MRI検査、超音波検査などの各種画像診断法の特性と相違点について学びます。頭頚部領域、胸部領域、腹部領域、救急領域などの各種疾患の典型的な症例を通して、画像診断の理解を深めます。

放射線安全管理学実習

放射線安全管理学実習写真 診療放射線技師として必要な放射線管理技術、放射線計測法およびその安全な取り扱いのための知識と技術について学びます。また、放射線使用施設の外部放射線量の測定、個人被曝線量計の特性、放射線の遮蔽と防護材料などについても学びます。

救急医療学

救急医療学写真 近年、X線CT装置やMRI装置の普及に伴い、検査件数も増加しています。CT室、MRI室では、造影剤を使用した撮影も行われますが、患者さんの状態によっては造影剤によるショック症状が現れることがあります。重篤なものとしては心停止、呼吸困難などが報告されています。そのような患者さんに対して、第一発見者となる診療放射線技師が取るべき対応について、実技を踏まえて学んでいきます。

電気電子工学実験

電気電子工学実験写真 診療放射線技師が扱う画像診断機器や放射線治療機器には、たくさんの電気・電子回路が用いられています。このような機器の特性を理解し、使いこなすためには電気・電子回路の基礎を学ぶことが重要です。この実験では、電気電子工学の講義で学んだ内容を実験によって確認することにより理解を深めます。

このページの先頭へ戻る