スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

診療放射線学科

在学生メッセージ

加藤 ひかり写真 1年生 加藤 ひかり 秋田県出身
「連携教育」が入学の決め手!

入学の決め手は、学科の枠を越えて学ぶ「連携教育」があることです。4年間で段階的に“チーム医療”を学ぶことで、他の医療専門職への理解を深められたり、診療放射線技師以外の視点からの考え方を知ることができると感じました。診療放射線技師に必要な知識・技術はもちろん、“チーム医療”に欠かせないコミュニケーション力などを、これからしっかりと学んでいきます!

Q&A

Q実際に入学して良かったと実感することや学科の魅力について教えてください。

診療放射線技師を目指せる学科で学生数が90人もいる大学は全国でも少なく、学科内だけでも多くの価値観・考え方に触れ、学びあうことができます。例えば「実践行動学」では明確な目標を決め、目標達成のための計画を立てたり、グループ内で意見を出し合うことで、医療従事者としてあるべき姿についての考えを共有することができました。その他にも、他学科との関わり合いもあり、他学科の職業についてはもちろん、別の視点からの意見や考え方を知ることができました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:救急医療学
この科目では、実際に使用される器具を用いて救急処置の訓練を行います。実際の現場と同じような緊張感を大切にし、学科内の友だち90人の前で、4~5人でCPR(胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ)を行い、胸骨圧迫を行うリズム、場所、チームメンバーとのコミュニケーションなどを互いに注意し合います。実際の現場をよく知る先生から些細な点まで教えていただき、人の命を救うための技術を磨くことができる授業です。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

医療従事者としての進路を決めた時の気持ちを常に持ち続けることが、努力を継続するためのやる気の源になると思います。知識・技術に加え、他学科の人や先生方との関りを通して、人としても成長できると思います。

  MON TUE WED THU FRI
1限     英語Ⅱ 情報科学演習  
2限        
3限 診療放射線学概論   スペイン語Ⅰ 電気電子工学実験 臨床医の世界
4限 救急医療学      
5限   国際保健の世界      

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

このページのトップへ