スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

診療放射線学科

目指す資格

目標とする資格

診療放射線技師(国家資格) 医師または歯科医師の指示のもと、人体への放射線照射を行うことのできる専門職です。主に病院で、X線撮影やCT検査、放射線治療などの場面において、放射線を出す医療機器を扱うほか、MRI検査、超音波検査など放射線を使わない検査や画像診断における読影の補助も行います。また、診療放射線技師が提供する検査画像は、病気の診断や治療方針を決定するための重要な情報となるため、チーム医療の一員として重要な役割を担っています。
エックス線作業主任者(国家資格) エックス線装置(医療用あるいは波高値による定格管電圧が1,000kV以上の装置を除く)を用いる作業などを行う場合は、エックス線による障害を防止する直接責任者としてエックス線作業主任者免許を受けた者のうちから、管理区域ごとにエックス線作業主任者を選任することが必要です。エックス線作業主任者は、そのようなエックス線による障害の防止の措置の職務に携わります。
作業環境測定士(国家資格) 工場や建設現場、各種作業場などでは極端な高温や低温、放射性物質、粉じんなどにより労働者に健康被害が及ぶこともあります。作業環境測定士とは、そのような職場における有害物質などの測定を行うことで、その環境改善を図るとともに労働者の健康を守ることを職務とする国家資格です。
第1種・第2種 放射線取扱主任者(国家資格) 放射線取扱主任者とは、放射線障害防止法に基づき、放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取り扱う場合に、放射線障害の防止について監督を行うことができる国家資格です。取扱い区分により第1種や第2種などに分けられています。
ガンマ線透過写真撮影作業主任者(国家資格) ガンマ線照射装置を用いて行う透過写真の撮影の作業については、ガンマ線による障害の防止の直接責任者としてガンマ線透過写真撮影作業主任者免許を受けた者のうちから、管理区域ごとにガンマ線透過写真撮影作業主任者を選任することが必要です。ガンマ線作業主任者は、そのようなガンマ線による障害防止の措置の職務に携わります。

取得可能な学位

学士(診療放射線学)

このページの先頭へ戻る