理学療法学科教員紹介

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

教員紹介

佐宗 亜衣子写真

リハビリテーション学部/理学療法学科

佐宗 亜衣子
Aiko Saso
助教

プロフィール

担当科目人体の構造と機能I、解剖学、解剖学実習I
専門分野人類学、骨考古学
学位・称号/取得機関/取得年修士(障害科学)/東北大学/1998年
資格学芸員、中学校教諭一種(社会)、高等学校教諭一種(地理歴史)
最終出身校東北大学
過去の経歴琉球大学医学部、東京大学総合研究博物館を経て現職
所属団体・学会等日本人類学会、日本考古学協会、日本古病理学学会
E-mailアドレスsaso@nuhw.ac.jp

業績等

研究領域形態学および古病理学的分析による過去の人々の生活復元、形態的分析に基づいた現代日本人集団の成り立ちの研究
研究紹介遺跡から出土した古人骨にみられる怪我や関節炎、外耳道骨腫、変形性脊椎症、齲蝕など、様々な活動の痕跡や病気の痕を通して、過去の人々の健康状態や生活水準、男女差、社会構造の解明を試みています。また、関東地方から出土した古人骨を中心として過去から現在への形態的変化をみることで、どのような過程により現代の日本人となったのかについて研究しています。
著書1)佐宗亜衣子、池子遺跡の弥生人骨―関東の弥生集落遺跡の出土人骨と比較して―、杉山浩平編、弥生時代食の多角的研究:池子遺跡を科学する、六一書房、2018、53-72頁.
2)諏訪元、佐宗亜衣子、水嶋崇一郎、初鹿野博之、人類先史、曙:東京大学総合研究博物館所蔵 明治期等人類学標本101点写真集、東大出版会、2017.
3)諏訪元、洪恒夫、佐宗亜衣子、橘由里香、アフリカの骨、縄文の骨:遥かラミダスを望む、東京大学総合研究博物館、2006.
受賞歴2006年日本ディスプレイデザイン協会 ディスプレイデザイン奨励賞
2006年日本ディスプレイデザイン協会 企画・研究特別賞
The University of Tokyo, Global COE Integrative Life Science Based on the Study of Biosignaling Mechanisms International Symposium 2010 Plenary Poster Award
研究論文"1)Aiko Saso, Osamu Kondo (2019) Periodontal disease in the Neolithic Jomon: Inter-site comparisons of inland and coastal areas in central Honshu, Japan. Athropological science,127 (In press).
2)Rikai Sawafuji, Aiko Saso, Wataru Suda, Masahira Hattori, Shintaro Ueda (2018) Ancient DNA analysis of food remains in human dental calculus from the Edo period, Japan. bioRxiv:e246868.
3)佐宗亜衣子 (2018) 古人骨の虫歯と歯周病、季刊考古学, 143:39-42.
4)Hideaki Kanzawa-Kiriyama, Kirill Keyukov, Timothy A Jinam, Kazuyoshi Hosomichi, Aiko Saso, Gen Suwa, Shintaro Ueda, Minoru Yoneda, Atsushi Tajima, Ken-ichi Shinoda, Ituro Inoue, Naruya Saitou (2016) A partial nuclear genome of the Jomons who lived 3000 years ago in Fukushima, Japan.Journal of Human Genetics 62:213-221.
5)日下宗一郎・佐宗亜衣子・米田穣 (2015) 縄文時代の國府・伊川津遺跡から出土した人骨の放射性炭素年代測定と炭素・窒素安定同位体分析. Anthropological Science (Japanese series) , 123:31-40.
6)Koichi Suzuki, Aiko Saso, Keigo Hoshino, Junya Sakurai, Kazunari Tanigawa, Yougian Luo, Yuko Ishido, Shuichi Mori, Kazuaki Hirata, Norihisa Ishii (2014) Paleopathological Evidence and Detection of Mycobacterium leprae DNA from Archaeological Skeletal Remains of Nabe-kaburi (Head-Covered with Iron Pots) Burials in Japan. PLOS ONE, 9-2:e88356.
7)Hideaki Kanzawa-Kiriyama, Aiko Saso, Gen Suwa, Naruya Saitou (2013) Ancient mitochondrial DNA sequences of Jomon teeth samples from Sanganji, Tohoku district, Japan. Anthropological Science, 121:89-103.
8)佐宗亜衣子・諏訪元 (2012) 骨形態の分析とその留意点:姥山貝塚B9号住居址人骨の血縁関係推定を中心に. 考古学ジャーナル, 630:27-31.
Minoru Yoneda, Aiko Saso, Ryo Suzuki,et al. (2005) Chronology of the Yayoi skeletal remains from the Kanto district, Japan: a preliminary re-evaluation by radiocarbon dating of postcranial material. Anthropological Science, 113:169-182.
9)Aiko Saso, Shinya Matsukawa, and Gen Suwa (2011) Comparative analysis of the glabellar region morphology of the Late Pleistocene Minatogawa crania:a three-dimensional approach. Anthropological Science, 119:113-121.
社会的活動日本人類学会評議員