スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

就職・資格

小学校教諭 この資格を目指す/健康スポーツ学科

教科だけでなく生活全般を指導し、子どもたちの心身の成長を支える小学校の先生。

小学校教諭の仕事

小学校教諭イメージ

小学校教諭は、小学1年生から6年生までの児童に国語や算数などの各教科を教えるとともに、ホームルーム、給食、掃除、登下校といった学校生活全般について指導します。また、遠足や運動会といった学校行事やPTAへの参加、家庭訪問、教員同士の勉強会や研究活動なども大切な仕事です。小学校時代は社会生活の基礎を学ぶ大切な時期で、小学校の教育は、まだ自己が確立されていない時期の子どもたちに教鞭をとる仕事であり、子どもたちの人格形成に大きな影響を与えるだけに、大きな責任とやりがいがあります。

小学校教諭になるには

小学校教諭の「免許状」を取得し、教員採用試験に合格すること。
教員の採用は公立学校と国立大学付属学校、私立学校とで異なります。公立学校の場合は都道府県、または政令指定都市教育委員会がそれぞれ実施する教員採用試験を受け、合格する必要があります。
小学校教諭の「免許状」を取得するには次のような方法があります。

  • ・所定の大学、短期大学などで小学校教諭育成課程を修了する。

免許状には、「専修免許状」(大学院を修了)、「一種免許状」(大学を卒業)、「二種免許状」(短期大学、専門学校を卒業)があり、それぞれ修得する科目内容や科目数が異なります。なお、有する免許状の種類によって、職務上の差はありません。

主な活躍の場

  • 小学校

文部科学省による教職員定数改善計画や1クラスの少人数化などにより、採用数は増加傾向にあります。また、基本的には国語や社会、算数などの教科を一人で指導しますが、最近では音楽、体育など専門職教員を置く小学校も増えています。また、社会環境や生活様式の変容に伴い、近年、運動・スポーツに触れる機会が減少し、"子どもの体力・運動能力"の低下が大きな社会問題となっています。こうした社会背景により、子どもたちの心身の健康と成長を支える高度な知識・指導力を有した教育者の養成が強く求められています。

このページの先頭へ戻る