スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

就職・資格

ドクターズクラーク
この資格を目指す/医療情報管理学科

医師・看護師不足問題を解決する救世主として、より高度な医学・医療知識を備えた医療事務・医療秘書分野の専門家。

ドクターズクラークの仕事

ドクターズクラークイメージ

医療に関する高度な知識と医療事務・秘書業務全般に関するスキルを併せ持ち、診断書の作成・補助や院内の物品の補充など、医師・看護師のサポートを行います。また、診療や検査の予約、国や健康保険組合に提出する請求書の作成や点検、患者のカルテの管理などの各種事務業務を行い、より質の高い医療サービスの提供に向けて、重要な役割を担っています。

ドクターズクラークになるには

医師事務作業補助技能試験に合格すると免許が与えられます。医師事務作業補助技能試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

  • 1、教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める「医師事務作業補助技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
  • 2、医療機関等において医師事務作業補助職として6ヵ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)の実務経験を有する者
  • 3、認定委員会が前各号と同等と認める者

主な活躍の場

  • 病院・診療所などの医療機関
  • 保健・福祉関連施設

質の高いドクターズクラークの採用に向けた動きが急速に広がっています。
国が医師不足対策としてドクターズクラークの普及を示したことを受け、高い注目を集めています。さらに、2008年の診療報酬改定でドクターズクラーク(正式には医師事務作業補助者)の配置を評価する加算点数が新設され、今後、そのニーズはますます高まることが予想されます。こうした状況の中、今後は病院が医師を確保するためにはドクターズクラークの配置が必須条件になるとの予測もあり、質の高いドクターズクラークの採用に向けた動きは急速に広がっています。

このページの先頭へ戻る