スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

就職・資格

医療事務(医療秘書)

一般に「医療事務」と言えば、診療報酬請求事務のことを指します。具体的には、診療に要した費用(診療報酬)を患者や保険者(組合)に請求する業務のことです。事務業務全般のIT化が進むなかで、診療報酬請求事務もまたコンピュータ化が進んでいますが、カルテに書かれた情報に基づき請求する以上、コンピュータによる処理には限界があります。

そこで、今日、求められているのが、コンピュータによる誤請求を見抜くとともに、医療に関する豊富な知識を活かしてカルテを読み解き、コンピュータでは処理できない請求を正確に行う人材です。

こうした人材は、病院の正職員として雇用され、事務部門の中心的な役割を果たします。さらに、データ分析能力を有する人材は、収益のシミュレーションなどを通して病院経営の一翼を担うことが期待されています。

ちなみに、「医療秘書」は、診療報酬請求事務とともに医師の事務作業の補助業務を担う能力を証明する資格名称ですが、医師の事務作業の補助業務については、診療報酬請求事務から切り離された医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)が担うようになっています。

したがって、医療機関の中核を担う事務職員を目指すのであれば、診療報酬請求に関する資格とスキルはもちろんのこと、カルテを読み解くための医療に関する豊富な知識を獲得するとともに、データ分析に必要なITスキルや、経営分析に必要な簿記の知識について、診療情報管理士のスキルと資格を含む、さまざまなスキルと資格が必要になります。

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務に関する民間資格は複数ありますが、この「診療報酬請求事務能力認定試験」は厚生労働省が後援している唯一の資格であり、最難関の資格です。医療事務のプロフェッショナルを目指すならば、必須の資格です。この資格を取得することで、経験者と同じ待遇をされることや「資格給」が付与される医療機関もあります。

医療事務管理士

診療報酬請求事務の資格の一つで、技能認定振興協会が認定します。診療報酬請求の明細書(レセプト)の作成能力とともに点検能力を評価する試験である点が特徴です。

メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)

この資格は、診療報酬請求事務に必要な能力を試験するとともに、患者応対の実技を評価する点に特徴があります。日本医療教育財団による医療事務技能審査試験の合格者に「メディカルクラーク」の称号が付与されます。

医療秘書技能検定

「医療秘書」の名の付く資格試験の特徴は、診療報酬請求にとどまらない幅広い知識を評価する点にあります。具体的には、ビジネスマナー、医療法・医師法に関する知識、基礎・臨床医学、力ルテ用語や傷病名の読み書きが評価されます。

ITパスポート(国家資格)

ITを利用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識を有することを証明する国家資格です。出題範囲は、ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)と多岐にわたっており、具体的には、職場における問題について情報技術を用いて解決するスキル、ネットワーク社会において安全に活動するための知識、さらには企業のコンプライアンスに資するための知識などが評価されます。

医療機関では、さまざまな医療ITのシステムが導入されています。たとえば、医事会計システムやオーダリングシステム、検査システム、そして、電子カルテです。こうしたなかで、医療事務に関わるスタッフには、情報処理全般の利活用に関する高度な知識とスキルと情報倫理が必要とされています。

日商簿記検定

日々の経営活動(お金の動き)を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能である簿記に関する知識とスキルを認定する資格です。簿記を理解することによって、経理事務に必要な知識だけではなく、財務諸表を理解し経営分析を行う力が身につきます。さらに、公認会計士や税理士等の国家資格を目指す場合や、他の資格と組み合わせてキャリアアップを目指す場合にも必須の資格です。病院の経理や経営企画を担当する上では、3級以上の知識とスキルが求められます。

このページのトップへ