スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

就職・資格

健康運動指導士 この資格を目指す/健康スポーツ学科

医学や運動に関する知識を持ち、一人ひとりにあった安全で効果的な運動指導を行う専門家。

健康運動指導士の仕事

健康運動指導士イメージ

健康運動指導士は、保健医療関係者と連携しつつ、個人の生活や体力に応じて、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成および実践指導計画の調整などを行います。そのため、地域住民の生活習慣病の予防や、健康水準の保持・増進に大きく貢献しています。

健康運動指導士になるには

健康運動指導士養成講習会を受講または健康運動指導士認定試験に合格すると免許が与えられます。健康運動指導士養成講習会を受ける受講条件については以下のいずれか1つに該当している場合に受講することが可能です。

  • 1、体育系短期大学又は体育専修学校(2年制)あるいはこれと同等以上の学校を卒業している人(卒業見込み含む)
  • 2、3年以上運動指導に従事した経験のある人
  • 3、運動指導に関連する資格を有する人
    例:エアロビックダンスエクササイズインストラクター、スポーツプログラマー、フィットネストレーナー、ヘルスケア・トレーナー、アスレティックトレーナー、運動普及推進員
  • 4、保健医療に関する資格を有する人
    例:保健師、管理栄養士、看護師、准看護師、助産師、薬剤師、栄養士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、介護福祉士、介護支援専門員、保育士、介護職員実務研修修了者(ホームヘルパー1級)、介護職員初任者研修修了者(ホームヘルパー2級)
  • 5、学校教育に関する資格を有する人
    例:幼稚園教諭、小・中・高等学校教員免許

主な活躍の場

  • 総合型地域スポーツクラブ・民間スポーツクラブ・健康増進施設
  • 病院など医療機関
  • 介護老人保健施設および社会福祉施設

民間施設、健康増進施設、介護施設、医療機関など、幅広いフィールドで活躍しています。
医学や運動生理学の基礎的な専門知識を持ち、健康づくりのために必要な運動を指導する知識と能力を身につけている健康運動指導士は、アスレティッククラブやフィットネスクラブなどの民間施設をはじめ、健康増進施設や医療機関などで、生活習慣病を予防し、健康を維持・増進するための仕事を行っています。また、高齢社会の近年では、介護施設での需要も高まり、社会的な関心と期待がますます高まっています。

このページの先頭へ戻る