スマートフォンサイトを見る

健康栄養学科

教員紹介

稲葉 洋美写真

健康科学学部/健康栄養学科

稲葉 洋美
Hiromi Inaba
准教授

プロフィール

担当科目栄養学Ⅰ/Ⅲ/Ⅳ 生化学Ⅰ/Ⅱ 栄養学実習Ⅰ/Ⅱ
専門分野応用栄養学
学位・称号/取得機関/取得年博士(学術) 共立女子大学 2003年9月
資格管理栄養士
最終出身校共立女子大学 博士後期課程
過去の経歴明治製菓株式会社生物科学研究所 人間総合科学大学 國學院大學 銀座泰江内科クリニックを経て現職
所属団体・学会等日本栄養改善学会 日本スポーツ栄養学会 日本家政学会 日本栄養学教育学会 日本食生活学会

業績等

研究領域高校生の「食と健・成人の共食
スポーツ選手(大学生・高校生)の食と栄養に関する調査
研究紹介成人を対象とした共食について研究をしています。共食すると食べる量が増えたり、美味しく感じるのはなぜか研究中です。
スポーツ選手(高校・大学生)については、実践の場を通じて調査も行っています。また、高校生の「食と健康」について調査を行っています。
著書神社新報「簡単!おさがり手料理」コラム連載(2014年9月~2015年8月)
明治スポーツプラザHP コラム連載(会社の合併により現在当該HPは変更となっている)
受賞歴明治製菓株式会社 ビジネスアイディア賞
研究論文H Inaba, R Matsuoka, Y Tashiro, M Hirayama, S Yamazaki, Effect of Bifidobacterium-monoassociation and feeding of fructooligosaccharides on lethal activity of enterohemorrhagic Escherichia coli O157 in germ-free mice.Bioscience Microflora,18, 101-107, 1999

K Sakai, K Aramaki, M Takasaki, H Inaba, T Tokunaga, A Ohta ,Effct of dietary short-chain fructooligosaccharides on the cecal microflora in gastrectomized rats.
Biosci. Biotechnol. Biochem, 65, 264-269, 2001

M Takasaki, H Inaba, A Ohta, Y MAotohashi, K Sakai, H Morris,K Sakuma, Dietaty short-chain fructooligosaccharides increse calbindin-D9k levels only in the large intestine in rats independet of dietary calcium deficiency or serm 1,25 dihydrosy vitamin D levels.Int J Vitam Nutr 70, 206-213, 2001

H Matumoto, H Inaba, S Tominaga, M Hirayama, T Tsuda,Orally adiministered delphinidin 3-rutinoside and cyanidin 3-rutinoside are directly absorbed in ratas and humans and appear in the blood as the intact forms. J Agric Food Chem, 49, 1545-1551, 2001

酒井健介、稲葉洋美、坪井理恵、太田篤胤、中村好男、中高齢者を対象としたウォーキング活動中の発汗量と汗中ミネラル成分の検討、Walking Research、6、109-113、2002

H Inaba, K Sakai, R Tuboi, H Yamagishi, A Ohota, M Sonoda, A Itabashi,Low dose iron supplementation with fructooligosaccharides improves iron status and maximal blood lactate level in young women athlete, Jpn J Clin Physiol, 33, 305-311, 2003

稲葉洋美、小林修平、管理栄養士課程における「推定食塩摂取量を求める実験」の教育効果、人間総合科学 17,39-46、2009

玉木雅子、佐藤裕子、真砂雄一、稲葉洋美、中野博子、小林修平、高校生の食行動と精神的回復力の関係、日本家政学会誌、65、7、373-382、2014

玉木雅子、稲葉洋美、佐藤裕子、安藤仁美、藤城有美子、小林修平、高校生を対象とした健康教育プログラム効果の比較研究~健康意識と食生活の改善に向けて~、人間総合科学雑誌、26、14、2014

Tomomi Yokoyama, Megumi Sato, Saya Natsui, Naomi Kuboyama, Kasumi Suzuki, Hiromi Inaba, and Kenichi Shibuya, Effect of Gum Chewing Frequency on Oxygenation of the Prefrontal Cortex. Perceptual and Motor Skills 0(0) 1–14, 2016

稲葉洋美、伊藤直子、「低塩食」をテーマとした実験・実習のあり方、日本栄養学教育学会、2,1、21-27、2017

髙橋正弥、上野瞳、佐藤直人、鈴木香澄、稲葉洋美、澁谷顕一、数理最適化を用いた必要最低限の食費の算出、日本家政学会、2018
研究業績江頭ホスピタリティ財団
社会的活動新潟バイオリサーチパーク 食品ヒト試験審査委員

このページの先頭へ戻る