スマートフォンサイトを見る

健康栄養学科

教員紹介

川上 心也写真

健康科学部/健康栄養学科

川上 心也
Shinya Kawakami
助教

プロフィール

担当科目生理学実習Ⅰ・Ⅱ、生理学、人体の構造と機能Ⅱ、連携基礎ゼミ
専門分野動物発生学、家畜生体構築学
学位・称号/取得機関/取得年博士(学術)/新潟大学/2017年
最終出身校新潟大学大学院自然科学研究科
過去の経歴三幸製菓株式会社を経て現職
所属団体・学会等日本卵子学会、新潟医療福祉学会、北信越畜産学会

業績等

研究領域動物発生学、生理学
研究紹介哺乳動物卵子の成熟に関する研究
研究論文1. 川上心也,齋藤千智,新村末雄.オロモウシン,IBMXおよびdbcAMPで処置して核の成熟を抑制したウサギ卵母細胞のステロイド代謝.北信越畜産学会報.2016; 112: 23-29.
2. 川上心也,齋藤千智,新村末雄.dbcAMPで処置したマウス卵母細胞の核の成熟と20α-HSD活性.北信越畜産学会報.2016; 112: 31-36.
3. 川上心也,平田詩歩,新村末雄. IBMXおよびdbcAMPで処置したマウス卵母細胞の核成熟と細胞質での脂質小滴の含量.北信越畜産学会報.2017; 114: 21-26.
研究業績平成20~21年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 視床下部のレプチン感受性に対する運動トレーニングの影響
平成24~26年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 運動が視床下部Sirt1の働きに与える影響とその機序の検討
社会的活動新潟大学 地域連携フードサイエンスセンター構成員

このページの先頭へ戻る