スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

診療放射線学科

教員紹介

児玉 直樹写真

医療技術学部/診療放射線学科

児玉 直樹
Naoki Kodama
教授

プロフィール

担当科目放射線物理学、放射線物理学演習、医療統計学、生体医工学、公衆衛生学、生化学、臨床薬理学
専門分野診療放射線学、脳機能計測
学位・称号/取得機関/取得年博士(工学)/長岡技術科学大学/2004年
資格診療放射線技師免許
所属団体・学会等日本診療放射線技師会、日本放射線技師教育学会、日本放射線技術学会、日本認知症予防学会、日本認知症学会、日本老年精神医学会、電気学会、電子情報通信学会、日本遠隔医療学会、日本老年社会学会、日本ITヘルスケア学会、日本データベース学会

業績等

研究領域脳機能計測、放射線科学、老年医学
研究紹介日本では少子高齢化が進み、認知症高齢者の増加が大きな社会問題となっています。認知症は早期に発見することができれば、より積極的に脳リハビリテーションを行なうなど、効果的な治療を行うことができます。そのため、認知症患者の臨床経過やMRI画像、認知機能検査などのデータをコンピュータで解析し、早期発見できる情報を自動的に抽出して医師に提示できれば、医師の診断の手助けになります。さらに患者さんのQOLの向上、患者さんおよびその家族の精神的負担の軽減や満足度の向上にも繋がります。
著書1.  児玉直樹、他12名:脳活性化のための早期認知症のアクティビティプログラム,黎明書房,2007
2.  川瀬康裕、児玉直樹:実践脳リハビリ―早期認知症の診断と介入―,真興交易医書出版部,2007
3.  児玉直樹、他6名:現場医療のための病院経営のしくみ,日本医療企画,2008
4.  浦上克哉、川瀬康裕、児玉直樹:認知症予防専門士テキストブック,メディケアプラス,2013
5.  浦上克哉、川瀬康裕、西野憲史、辻正純、児玉直樹:認知症予防専門士テキストブック改訂版,メディケアプラス,2017
6.  浦上克哉、川瀬康裕、西野憲史、辻正純、児玉直樹:認知症予防フレンドテキストブック 開かれた地域社会をめざして,メディケアプラス,2018
受賞歴1. 鈴鹿医療科学大学理事長表彰、1999.3
2. 日本放射線技師教育学会論文賞、2009.6
3. 2009年度三井住友海上福祉財団賞(高齢者福祉部門)、2009.11
4. 北米放射線学会(Radiological Society of North America; RSNA2010) Certificate of Merit賞、2010.12
5. 新潟県放射線技師会学術功労表彰(シルバー賞)、2012.5
6. 日本放射線技師教育学会奨励賞、2014.11
研究論文1. 高橋真悟、児玉直樹、小杉尚子、竹内裕之.「近赤外光を用いた認知症患者における前頭前野血流量の検討」 電気学会論文誌C、Vol.134 No.1, p.35-40, 2014
2. 児玉直樹、小杉尚子.「遠隔非薬物療法による介護従事者への教育効果」 日本放射線技師教育学会論文誌、Vol.6 No.1, p.33-37, 2014
3. 竹内裕之、児玉直樹.「健康データマイニングの評価(Ⅱ)-6か月間の時系列データに基づく事例-」高崎健康福祉大学紀要、Vol.13, p.1-8, 2014
4. 村井友樹、児玉直樹、川瀬康裕「NIRSを用いた語想起課題遂行時における脳血流量の測定」第5回21世紀科学と人間シンポジウム論文誌、Vol.5, p.26-31, 2014
5. Takeuchi H, Kodama N. “Validity of Association Rules Extracted by healthcare-Data-Mining” 36th Annual International Conference of the IEEE EMBS, p. 4960-4963, 2014
6. 児玉直樹、鹿沼友里「医療従事者による医療事故の現状と課題」 日本放射線技師教育学会論文誌、Vol.7 No.1, p.32-36, 2015
7. 高橋真悟、児玉直樹、小杉尚子、竹内裕之.「カテゴリー流暢性課題と近赤外光を用いた認知症診断の可能性」 電気学会論文誌C、Vol.135 No.4, p.381-386, 2015
8. 高橋真悟、児玉直樹、小杉尚子、竹内裕之.「近赤外光を用いたストループ課題遂行時の脳血液量動態」 電気学会論文誌C、Vol.136 No.1, p.86-91, 2016
9. 高橋真悟、児玉直樹、竹内裕之.「脳血液量計測とカテゴリー流暢性課題併用による認知症患者と健常高齢者の判別分析」日本認知症予防学会誌、Vol.4 No.1, p.10-14, 2016
10. 清水祐介、高橋真悟、児玉直樹、小杉尚子、竹内裕之.「アルツハイマー型認知症における近赤外光を用いた脳血液量と脳萎縮の関連」日本認知症予防学会誌、Vol.5 No.1, p.19-24, 2016
11. 児玉直樹、中澤靖夫、佐野幹夫、熊代正行.「診療放射線技師学校養成所指定規則の見直しに向けて」日本診療放射線技師会誌、Vol.64 No.2, p.154-162, 2017
12. 櫻井典子、高橋真悟、児玉直樹.Bone Suppression処理における肺野領域の視認性評価と骨減弱の信号値プロファイル解析.日本診療放射線技師会誌、Vol.64 No.11, p.21-27, 2017
13. 高橋真悟、児玉直樹、一志哲夫、馬場哲平、渡邊朗子.「高齢者を対象とした色彩ブース空間におけるOxy-ヘモグロビンへの影響」日本認知症予防学会誌、Vol.7No.2, p.43-48, 2017
14. 児玉直樹.「専門職の養成強化 日本認知症予防学会認知症予防専門士」日本臨床、Vol.76 No.1, p.361-363, 2018
15. 児玉直樹. 「診療放射線技師法に関する一考察」日本放射線技師教育学会論文誌、Vol.10 No.1, p.17-20, 2018
16. 高橋真悟、児玉直樹、川瀬康裕、竹内裕之.「認知症患者と健常高齢者における酸素化ヘモグロビンおよび総ヘモグロビンの比較」電気学会論文誌C、Vol.138 No.11, p.1348-1354, 2018
17. 小杉尚子、児玉直樹、岡部美保、棚橋さつき「在宅療養者に対する遠隔音楽療法の取り組み」日本遠隔医療学会雑誌、Vol.14 No.2, p.128-131, 2018
18. Kodama N, Loc TV, Hai PT, Cong NV, Katsuhara S, Kasai S, Sheikh A. ""Effectiveness of bone suppression imaging in the diagnosis of tuberculosis from chest radiographs in Vietnam: An observer study."" Clinical Imaging, Vol.51, p.196-201, 2018
19. Kosugi N, Oshiyama C, Kodama N, Niwa S. ""Incorporating music therapy into cognitive remediation to improve both cognitive dysfunction and negative symptoms in schizophrenia."" Schizophrenia Research, 26 August 2018
20. Kosugi N, Oshiyama C, Kodama N, Niwa S. ""Introduction of Music Therapy Incorporated into Cognitive Remediation: A New Approach to Cognitive Dysfunction in Psychiatric Disorders and a Preliminary Report on Its Effects in Schizophrenia."" Open Journal of Psychiatry, Vol.9 No.1, 2019
21. 小杉尚子、児玉直樹、清水幸子、數井裕光.「遠隔音楽療法サービスの開発研究」情報処理学会論文誌, Vol.60 No.1, p.193-202, 2019
研究業績【研究代表者】
1.軽度認知障害から認知症への進行予測を可能にするコンピュータ支援診断システムの開発、基盤研究C、2014-2017
2.健忘型軽度認知障害からアルツハイマー型認知症への進行予測に関する研究、若手研究B、2011-2013
3.変性性認知症疾患早期発見のためのコンピュータ支援診断システムの開発、若手研究B、2008-2009

【研究分担者】
1.人の知的活動を支援する環境デザインの研究、基盤研究B、2015-2017
2.認知症早期発見を可能とするMRI撮像法と機器保守管理システムの開発、基盤研究C、2015-2017
3.音楽を取り入れた統合失調症の認知リハビリテーションプログラムの開発研究、基盤研究C、2015-2018
4.クラウドコンピューティングによる健康ビッグデータ処理に関する研究、基盤研究C、2014-2016
5.健康データマイニングによる個人の特質クラスタ解析に関する研究、基盤研究C、2011-2013
6.特定健診・保健指導を支援するシステムの開発に関する研究、基盤研究B、2008-2010
社会的活動日本診療放射線技師会理事、新潟県診療放射線技師会理事、日本放射線技師教育学会副会長、日本認知症予防学会常務理事、日本X線CT専門技師認定機構理事

このページの先頭へ戻る