【大学全体】
優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

  • ホーム
  • 優れたQOLサポーターになるための3ポリシー(大学全体)

優れたQOLサポーターになるための3ポリシー(大学全体)

優れたQOLサポーターの資質・能力 STEPS
本学では建学の精神「優れたQOLサポーターの育成」のもと、優れたQOLサポーターに求められる資質・能力を5項目あげ、その英語の頭文字をとって「STEPS」と定義し、3ポリシーの中で使用しています。

アドミッション・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
高等学校卒業相当の基礎的な学習能力を有する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
相手の話をよく聞き、自分の考えを相手にわかりやすく伝えながら、他者と協力して物事を行おうとする態度を有する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
対話や関わりを通して、他者の意見や思いを把握し、それを共感的に理解しようとする態度を有する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
ある事象に対して妥当な判断をくだすために、他者の意見を取り入れながら、多面的に考える能力を有する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
保健・医療・福祉・スポーツ領域の専門職を志す動機や意欲を有する。

カリキュラム・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
基礎的知識と技術を修得するために1年次より保健・医療・福祉・スポーツ分野の教養・専門科目を配置する。学年進行とともにより専門性の高い科目を配置する。知識の定着をはかるため学習支援センターで支援する。成果は国家試験・資格試験合格状況などで評価する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
専門職が連携・協働し、チーム医療・チームアプローチの一員として国内外を問わず活躍できるよう協調性やリーダーシップを身につけるために他学科と合同で実施する科目や、2年次の連携基礎ゼミ、4年次には海外の学生とも連携する連携総合ゼミを配置する。成果は、連携総合ゼミの活動により評価する

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
対象者に共感し、支援できる素養を涵養するために保健医療福祉教養科目群や保健医療福祉連携科目群を配置する。全学年の学生に対しボランティア活動・地域活動を奨励する。成果は臨床実習で評価する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
論理的に議論する能力と、問題を総合的に分析し解決する力を高めるために専門科目やゼミ活動科目を配置する。2年次からは学生が指導教員を選んで研究活動ができるUROPを配置する。4年次には卒業研究を配置する。成果は卒業研究で評価する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
将来設計を確認し優れたQOLサポーターとしての心構えを身につけ、入学前に書いた「私の夢」を実現するために1・2・3年次それぞれに実践行動学を取り入れたキャリア教育科目やさまざまな専門科目を配置する。成果は4年次に学生が執筆する「私の志」、就職率で評価する。

ディプロマ・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
幅広い教養と自らの専門分野に関する高い科学的知識と技術を活用できる。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
多職種間連携の技能を活かし、対象者および他の職種と良好なコミュニケーションを図りながら、国際化した社会において職務を遂行できる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
自らの職務を責任をもって遂行でき、人の多様な生き方を理解し、国際化した社会の一員として適切に対象者への支援ができる。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
科学的に評価された結果を他の職種からの情報と合わせて総合的に分析・考察し、得た結論に基づき対象者の問題を解決できる。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
保健・医療・福祉・スポーツに関する課題に広く関心をもち、生涯を通じて、主体的・意欲的に学習できる。

優れたQOLサポーターになるための5つの資質・能力

STEPSと学士力・学力の3要素の対照表

S

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
幅広い教養と自らの専門分野に関する高い科学的知識と技術を活用できる。

教育目標分類における領域
知識・理解・技能

文科省の提唱する学士力・学力の3要素
・基礎的・基本的な知識・技能(学力の3要素)
・数量的スキル
・情報リテラシー
・多文化・異文化に関する知識の理解
・人類及び文化、社会と自然に関する知識の理解

T

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
多職種間連携の技能を活かし、対象者および他の職種と良好なコミュニケーションを図りながら、国際化した社会において職務を遂行できる。

教育目標分類における領域
技能・表現

文科省の提唱する学士力・学力の3要素
・課題を解決するための表現力(学力の3要素)
・チームワーク、リーダーシップ
・コミュニケーション・スキル

E

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
自らの職務を責任をもって遂行でき、人の多様な生き方を理解し、国際化した社会の一員として適切に対象者への支援ができる。

教育目標分類における領域
態度

文科省の提唱する学士力・学力の3要素
・主体的に学習に取り組む態度(学力の3要素)
・倫理観
・市民としての社会的責任

P

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
科学的に評価された結果を他の職種からの情報と合わせて総合的に分析・考察し、得た結論に基づき対象者の問題を解決できる。

教育目標分類における領域
思考・判断

文科省の提唱する学士力・学力の3要素
・課題を解決するための思考力・判断力(学力の3要素)
・論理的思考力
・問題解決力

S

[ Self-realization ] 自己実現意欲
保健・医療・福祉・スポーツに関する課題に広く関心をもち、生涯を通じて、主体的に・意欲的に学習できる。

教育目標分類における領域
関心・意欲

文科省の提唱する学士力・学力の3要素
・自己管理力
・生涯学習力
・総合的な学習経験と創造的思考力

このページのトップへ