【健康スポーツ学科】
優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

  • ホーム
  • 【健康スポーツ学科】優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

【健康スポーツ学科】優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

本学では建学の精神「優れたQOLサポーターの育成」のもと、優れたQOLサポーターに求められる資質・能力を5項目あげ、その英語の頭文字をとって「STEPS」と定義し、3ポリシーの中で使用しています。

アドミッション・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
高等学校卒業相当の英語・国語・数学・生物など、入学選考試験にて出題する教科・科目の基礎学力を有する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
他者と協力して物事を遂行する能力を有する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
健康・スポーツについて、自ら積極的に関わる態度を有する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
健康・スポーツに関する課題を考察する能力を有する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
健康・スポーツについて、強い興味・関心があり、自ら探求する意欲を有する。

カリキュラム・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
知識基盤を構築するため基礎教養群と専門基礎科目群を1年次に配置する。2年次には健康・スポーツに関わる応用的知識を習得するために、その知識理解を深める専門専攻科目群共通科目を配置する。3年次以降は、個々の学生の特性に応じ、健康医科学、コーチング科学、スポーツマネジメント、スポーツ教育などのスポーツ科学専門科目を配置する。成果は資格試験合格率で評価する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
健康・スポーツの実践および指導法、チームワーク、コミュニケーション力や表現力を習得するため、職種間連携をねらいとした全学共通の連携基礎ゼミ、連携総合ゼミをうけて、2年次以降に球技(チームスポーツ)、野外活動、各種運動指導法実習、レクリエーション科目などの実技科目を配置する。成果はインターンシップ実習で評価する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
専門的職業人としての使命感や責任感、他者を理解する力を習得するために、1年次の基礎的な知識理解、2年次のアクティブラーニングを用いた応用的な知識理解を活かして、3年次以降は各種スポーツ指導法実習、インターンシップ実習、教育実習などの実践教育科目を配置する。成果はインターンシップ実習、教育実習で評価する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
生涯にわたる健康・スポーツの課題を解決する力を習得するために、1年次に、少人数学習を導入しながらスポーツ科学の概念を広く学び、2年次以降は、小・中・高等学校の学習指導要領に記載されている実技科目や競技スポーツのみならず、幅広い実技科目を配置する。成果は卒業研究で評価する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
自己の課題を明確にして、主体的に学ぶ力を習得するために、PBLを導入しながら1年次に教養科目と専門基礎科目を配置し、2年次に専門専攻科目群共通科目、3年次以降では関心をもつ専門科目を配置する。1年次と2年次には実技、3年次以降には実技指導法実習を配置し、ポートフォリオを活用しながら系統的かつ講義科目と実技科目を往還できるカリキュラムを編成する。成果は就職率で評価する。

ディプロマ・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
充実したQOLサポーターとしての健康・スポーツを科学する確かな知識と技術を活用できる。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
健康・スポーツの実践および指導・教育に取り組むための高い技能と豊かな表現力を有し、チームにおけるリーダーシップやコミュニケーションをとることができる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
健康・スポーツに関する専門的職業人としての使命感や責任感に基づき、国際化した社会の一員として対象者を支援できる。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
健康・スポーツに関するさまざまな課題について思考し、的確に判断し問題解決ができる。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
健康・スポーツに関する自己の課題に関心をもち、生涯を通じて主体的・意欲的に学習できる。

アスレティックトレーナーの業務指針とSTEPSのマッチング

下記表は、本学の掲げる各学科のSTEPSが各職種の業務指針などと整合性がとれているかのマッチングを確認したものです。※業務指針などの出典は、表の下部に記載。
各表の左の列には業務指針などの項目が並び、表頭には順にS・T・E・P・Sの欄が並んでいます。
業務指針とSTEPSの内容が項目全体として良く合致する場合には◎が記載され、項目の中のキーワードが良く合致する場合には〇が記載されています。
結果をご覧いただくと、本学のSTEPSが各専門職の業務指針などと良く一致していることがご確認いただけると思います。

  S T E P S
1)機能解剖学に関する専門的な知識    
2)運動学に関する専門的な知識    
3)スポーツドクター及びコーチとの綿密な協力    
4)外傷・障害予防,救急処置      
5)アスレティックリハビリテーション技能    
6)トレーニング,コンディショニング技能    

健康運動指導士の業務指針とSTEPSのマッチング

  S T E P S
1)安全で効果的な運動を習慣化するための運動プログラムの作成      
2)保健医療関係者と連携    
3)健康づくりのための運動を指導する専門家    
4)運動を習慣化するとともに生活習慣病対策を行なう  

教職の業務指針とSTEPSのマッチング

  S T E P S
1)自律的に学ぶ姿勢    
2)時代の変化に応じて求められる力を生涯高めていく力  
3)情報を収集して活用する能力    
4)情報を収集して有機的に結び付けて構造化する力  
5)新たな課題に対応できる力    
6)多様な専門性を持つ人材と効果的に連携・分担する力    
7)組織的・協働的に諸課題の解決に取り組む力    

(出典)
公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者制度オフィシャルガイド
健康・体力づくり事業財団ホームページ.http://www.health-net.or.jp/shikaku/shidoushi/index.html
文部科学省中央教育審議会答申(中教審第184号),これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について ~学び合い、高め合う教員育成コミュニティの構築に向けて~

このページのトップへ