【言語聴覚学科】
優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

  • ホーム
  • 【言語聴覚学科】優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

【言語聴覚学科】優れたQOLサポーターになるための3ポリシー

本学では建学の精神「優れたQOLサポーターの育成」のもと、優れたQOLサポーターに求められる資質・能力を5項目あげ、その英語の頭文字をとって「STEPS」と定義し、3ポリシーの中で使用しています。

アドミッション・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
高等学校卒業相当の英語・国語・生物など、入学選考試験にて出題する教科・科目の基礎学力を有する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
誰とでも対話し、相手にわかりやすく伝える能力を有する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
障がいのある人の、さまざま生き方や考え方を理解しようとする主体的な態度を有する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
障がいのある人をとりまく諸問題の解決に向けて、さまざまな視点をもって考える能力を有する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
保健・医療・福祉領域に強い関心があり、言語聴覚士になろうとする高い意欲を有する。

カリキュラム・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
1年次は幅広い教養を身につけるとともに分野に関する基礎知識を身につけるための基礎科目を配置する。2年次、3年次と学年進行とともに臨床における適切な判断ができる力を修得するために臨床に必要な音声、言語、高次脳、聴覚、摂食嚥下などの専門科目を配置する。成果は各専門科目の成績で評価する。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
1年次は大学生活をスムーズにスタートさせるとともに共同作業を行うために学科内の少人数による基礎ゼミを配置する。2年次には多様な視点から1つのテーマについて考え、対話する力、考えを伝える方法を修得するために他学科の学生とのアクティブラーニングによる連携ゼミ活動を配置する。成果は成果物の発表で評価する。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
臨床観察から言語聴覚障がい児・者がかかえる問題点に気づく力を養うために2年次に臨床実習を配置する。また、対象児・者の問題を社会的な視点から支援する方法を修得するために専門科目を配置する。成果は臨床実習で評価する。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
言語聴覚障がい児・者がかかえる問題がどのような原因で生じているのかについての解明方法やそれらがもたらす社会的課題に対する解決方法を個々の学生の特性に合う形で修得するために、卒業研究ゼミを配置する。成果は卒業研究で評価する。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
臨床場面の重要さを学び、言語聴覚士としてのイメージを確立するために、また自分が言語聴覚士になるという心構えを身につけるために2年から4年までの間に毎年臨床実習を配置する。専門分野の集大成として4年次には卒業研究を配置する。成果は卒業研究で評価する。

ディプロマ・ポリシー

[ Science&Art ] 科学的知識と技術を活用する力
言語聴覚障がいのある人を理解するための幅広い教養と言語聴覚士としての専門知識と技術を有し、それを活用できる。

[ Teamwork&Leadership ] チームワークとリーダーシップ
言語聴覚士としての技能を有し、言語聴覚障がいのある人がかかえる課題に取り組むチームの一員として他の職種とコミュニケーションを図ることができる。

[ Empowerment ] 対象者を支援する力
言語聴覚障がいのある人の多様性を理解し、言語聴覚士として適切に判断し行動できる。

[ Problem-solving ] 問題を解決する力
科学的な評価、分析的な観察と他の職種からの情報を合わせて解釈し、言語聴覚障がいのある人の問題を解決するために適切な判断ができる。

[ Self-realization ] 自己実現意欲
言語聴覚障害学と保健・医療・福祉・教育領域の進歩をグローバルな視点も含めて関心をもち、自ら学習し続けることができる。

言語聴覚士の業務指針とSTEPSのマッチング

下記表は、本学の掲げる各学科のSTEPSが各職種の業務指針などと整合性がとれているかのマッチングを確認したものです。※業務指針などの出典は、表の下部に記載。
各表の左の列には業務指針などの項目が並び、表頭には順にS・T・E・P・Sの欄が並んでいます。
業務指針とSTEPSの内容が項目全体として良く合致する場合には◎が記載され、項目の中のキーワードが良く合致する場合には〇が記載されています。
結果をご覧いただくと、本学のSTEPSが各専門職の業務指針などと良く一致していることがご確認いただけると思います。

  S T E P S
言語聴覚療法の業務(臨床)          
1.評価

  1)言語聴覚士が対象とする障がい児・者に関する評価

2.訓練

  1)言語聴覚士が対象とする障がい児・者に関する訓練

3.助言、指導その他の援助

  1)言語聴覚士が対象とする障がい児・者への助言、指導、援助

 
言語聴覚士の業務(管理・連携・教育)          
4.記録の管理と秘密保持          
  1)訓練の継続を円滑に行うため記録を残す

     
  2)業務上知り得た人の秘密の保持

     
5.地域との連携          
  1)医師、歯科医師その他の医療関係者との連携

 
  2)地域の役場・施設などとともに社会の発展に尽くす

     
6.教育・研修          
  1)次代を担う言語聴覚士の養成に務める

   
  2)常に新しい知見を得る努力を行う

   

1)言語聴覚士法
定義(第二条)
業務等(第四十二条―第四十六条)
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=80998053&dataType=0&pageNo=1

2)言語聴覚士法施行規則
業務(第二十二条)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=410M50000100074

3)倫理綱領 日本言語聴覚士協会
https://www.japanslht.or.jp/about/teikan.html

このページのトップへ