在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

阿部 尚哉

山形県義肢装具自立支援学科1年阿部 尚哉Naochika Abe

本学科では、義肢や装具だけでなく、車いすや杖などの福祉用具についても学ぶことができます。実際に授業の中で使用してみたり、利用者の方に外部講師としてお越しいただき、お話を聞くことができます。そのため、義肢や装具、福祉用具を様々な立場の角度から捉えて見ることができます。多方面から見ることによって、より利用者に合った義肢や装具、福祉用具を製作・選定することができるようになります。


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

ものづくりが好きだったこともあり、製作で人々に貢献できる職業に就きたいと考えていました。そんな中、パラリンピックを見てスポーツ義足について知り、義肢装具士という専門職を目指そうと思いました。また、義肢装具士について学ぶことができる本学のオープンキャンパスに参加し、義肢だけでなく装具にも興味を持ち、この専門職に就きたいと思いました。

Qおすすめの科目について教えてください。

「基本工作実習」
この科目では、実際に製作を行いながら義肢や装具における基礎を学びます。石膏を使って採型したり、各部品を組み立てて調整したりします。様々な材料に触れて製作するので、毎回新しい発見があって楽しいです。製作の中で難しい工程もありますが、練習してできた時にとても達成感を感じられます。

Q将来の夢や目標、どのような専門職・社会人になりたいかについて教えてください。

本学で学んだことを生かして、様々な立場で物事を考えられる義肢装具士になりたいです。また、本学では福祉用具についても学ぶことができるので、福祉用具プランナーの資格を取って、福祉用具にも強い義肢装具士を目指します。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

「車いすバスケットボールサークル」
車いすに乗ってバスケットボールをすることにより、普通のバスケと違った難しさや面白さを感じられます。車いすに乗ってうまく相手をかわし、パスをつなげて、シュートを決めた時の達成感は格別です。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ