在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

村岡 直義

山形県診療放射線学科1年村岡 直義Naoyoshi Muraoka

私は、祖母の手術をきっかけに「放射線治療」を学びたいと思い、本学科に入学しました。高齢で体力が衰えていた祖母には、手術の負担が大きく、術後とてもつらそうにしていました。そこで私は、痛みを伴わない治療方法について調べ、「放射線治療」という方法があることを知りました。将来は、同じような状況にある方々の治療に関わる診療放射線技師になりたいです。


Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由を教えてください。

私が本学を志望した理由は、1年次からチーム医療について学ぶことができるからです。全13学科の学生と混成で学ぶことができ、広い視野から自らの役割を見つけることができます。また、第一期生なので不安もありましたが、先生方から丁寧に教えていただいており、今は安心して学校生活を送れています。学生第一に考えてくれることもこの大学の魅力だと考えます。

Q将来の夢や目標について教えてください。

診療放射線技師にとって重要なことは、患者様の不安を取り除くことだと考えます。そこで大切になってくるのは、コミュニケーション力です。患者様が安心して検査を受けられるようサポートできる診療放射線技師になりたいです。本学では、「あいさつ」に力を入れています。基本的なことではありますが、まずはしっかりとあいさつをし、生活の中で対話を学んでいきたいです。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

私がオープンキャンパスに参加し感じたのは、「親切」でした。私が進路に迷っているとき、大学の先輩が声をかけて下さり、丁寧に本学について説明してくれました。進路に悩んでいる方は、ぜひ本学に足を運んでみて下さい。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページのトップへ
閉じる 11.11sun オープンキャンパス 11.11sun オープンキャンパス
閉じる 推薦入試 お役立ち情報はこちら 推薦入試 お役立ち情報はこちら
閉じる 特別推薦入試って知ってる? 特別推薦入試って知ってる?