スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

作業療法学科

教員紹介

能村 友紀写真

リハビリテーション学部/作業療法学科

能村 友紀
Tomonori Nomura
准教授

プロフィール

担当科目高齢期障害作業療法評価学、高齢期障害作業療法学、高齢期障害作業療法学演習、地域作業療法学Ⅱ、環境調整・福祉機器学、卒業研究
専門分野地域作業療法学、高齢期作業療法学
学位・称号/取得機関/取得年博士(保健学)/金沢大学/2008年
資格作業療法士、日本公衆衛生学会認定専門家
最終出身校金沢大学大学院医学系研究科
過去の経歴リハビリテーション加賀八幡温泉病院、加賀市役所、社団法人石川県作業療法士会理事を経て現職
所属団体・学会等日本作業療法士協会、日本公衆衛生学会、日本認知症予防学会、日本転倒予防学会、 日本臨床神経生理学会、新潟医療福祉学会 等

業績等

研究領域高齢者の生活機能改善に向けた作業療法に関する研究
研究紹介認知機能や身体機能に障害を有する人や高齢者が、地域で自立した生活を送るための効果的な作業療法介入について研究を行っています。
著書能村友紀.主観評価の方法,注意点について.VASスケールを用いた高齢者における主観的疲労感の再現性と妥当性. ストレス,疲労の計測・センシング技術とその評価-ヒューマンエラー,重大疾患防止へ向けた測定-. 技術情報協会, 2019(印刷中).
研究論文Nomura T, Asao A, Kumasaka A: Transcranial alternating current stimulation over the prefrontal cortex enhances episodic memory recognition. Experimental Brain Research , 2019. doi: 10.1007/s00221-019-05543-w
Asao A, Ikeda H, Nomura T, Shibuya K. Short-term session of repetitive peripheral magnetic stimulation combined with motor imagery facilitates corticospinal excitability in healthy human subjects. NeuroReport, 2019. 22;30(8):562-566. doi: 10.1097/WNR.0000000000001245.
浅尾章彦, 青木優弥, 能村友紀, 澁谷顕一: 反復末梢性磁気刺激のクリック音が体性感覚刺激の検出に及ぼす影響. バイオメカニズム学会誌, 143 (1),41-45, 2019
Nomura T, Kirimoto H. Anodal transcranial direct current stimulation over the supplementary motor area improves anticipatory postural adjustments in older adults. Frontiers in Human Neuroscience, 2018 Aug; 12: 317. doi: 10.3389/fnhum.2018.00317.
Nomura T. Relationship between fear of falling, physical activity, and health-related quality of life in elderly daycare service users. Asian Journal of Occupational Therapy, 2017 May; 13: 41-46.
能村友紀,渡邉良弘: 要介護高齢者における主観的疲労感の再現性と妥当性. 新潟市医師会誌. 529:9-14, 2015
能村友紀, 二木淑子:通所サービス利用高齢者の歩行活動量を基準とした身体活動特性の探索的検討―通所日と非通所日の比較―. 作業療法, 32: 244-254, 2013
能村友紀, 二木淑子: 脳卒中片麻痺者の麻痺側上肢における日常生活使用の可否に関連する要因の検討. 作業療法ジャーナル, 47: 1069-1076, 2013
Umaba C,Sewo Sampaio PY, Okahashi S, Koyama M, Nomura T, Futaki T: The “meaningful occupations” and self-restrain activities due to the fear of falling among community-dwelling older adults in Japan. Health Science, 2013; 8: 1-4.
能村友紀: 介護予防への取り組み-うつと閉じこもり-. 保健の科学. 53: 737-740, 2011
能村友紀, 二木淑子: 在宅要介護高齢者における床上動作能力と転倒恐怖感の因果関係の推定. 作業療法, 30: 158-166, 2011
能村友紀, 二木淑子: 在宅要介護高齢者の床座位習慣の有無が転倒自己効力感の経年的変化に与える影響. 身体教育医学研究, 12: 9-15, 2011
能村友紀, 二木淑子: 在宅慢性脳卒中片麻痺者の患手管理能力と二次的障害との関連性. 作業療法ジャーナル, 44: 968-973, 2010
Nomura T, Futaki T: Preliminary study of the relationship between fear of falling and ability to sit on the floor. Journal of Physical Education and Medicine, 2010; 11: 19-26.
Nomura T, Futaki T: Relationship between fear of falling and arm movements in the elderly women: A preliminary study. Niigata Journal of Health and Welfare, 2010; 10: 42-47.
Nomura T, Futaki T, Notoya M: Factors affecting activity restriction associated with fear of falling in elderly Japanese. Journal of the Tsuruma Health Science Society, 2007; 31: 15-24.
Nomura T, Futaki T: Relationship of activity self-efficacy, mobility and balance in community dwelling elderly women. Niigata Journal of Health and Welfare, 2007; 7: 66-72.
能村友紀, 畦地和子, 北村喜一郎, 二木淑子: 在宅高齢者における手段的日常生活活動(IADL)の特性とその関連要因の検討. 北陸公衛誌, 30: 73-80, 2004 ほか
研究業績平成30年度 日本作業療法士協会課題研究助成(分担)
平成29~31年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(代表)
平成24~25年度 新潟市医師会地域医療研究助成(代表)
平成24年度 在宅医療助成勇美記念財団研究助成 (分担)
平成23~24年度 日本作業療法士協会課題研究助成(代表)
平成20年度 在宅医療助成勇美記念財団研究助成(代表)
社会的活動日本作業療法学会演題審査委員
公益社団法人新潟県作業療法士会理事
新潟県在宅ケアを考える会幹事

このページの先頭へ戻る