スマートフォンサイトを見る

言語聴覚学科

教員紹介

吉岡 豊写真

リハビリテーション学部/言語聴覚学科
Faculty of Rehabilitation/Department of Speech, Language, and Hearing Sciences

吉岡 豊
Yutaka Yoshioka
言語聴覚学分野長/教授

プロフィール

担当科目聴覚心理学、言語発達学、聴覚障害Ⅰ演習、聴覚障害Ⅲ、聴覚障害Ⅱ演習、聴覚障害Ⅲ演習、言語聴覚障害概論、言語聴覚障害診断学、研究方法論、研究方法論演習、卒業研究、基礎ゼミ、連携基礎ゼミ
専門分野言語発達、言語発達障害、機能性構音障害、聴覚機能検査
学位・称号/取得機関/取得年博士(教育学)/新潟大学/2015年
資格言語聴覚士、中学校1級教員免許(国語)、高等学校2級教員免許(国語)、小学校2級免許
最終出身校新潟大学大学院現代社会文化研究科
過去の経歴国立療養所宮城病院、川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科(川崎医科大学附属病院言語聴覚士兼任)を経て現職
所属団体・学会等新潟医療福祉学会、日本音声言語医学会、発達障害支援システム学会、日本聴覚医学会、日本言語聴覚士協会、日本口蓋裂学会、日本高次能機能障害学会、日本神経心理学会、日本特殊教育学会、日本コミュニケーション障害学会

業績等

研究領域言語発達障害児の語彙獲得および語彙特徴に関する研究
機能性構音障害児における語彙能力に関する研究
研究紹介個人的には臨床実践の中から研究テーマを見つけていくタイプだと思っています。本学に設置されている言語発達支援センターで訓練を行いながら、問題点をピックアップして研究するスタイルが私に一番合っていると思っています。
著書吉岡豊:第4章 ASDやダウン症候群に合併した構音障害 Ⅰ,Ⅱ,Ⅳ.能登谷晶子,諏訪美幸 編,症例から学ぶ 子どもの構音障害.建帛社,2022年.pp.103-108,108-115,121-127.
研究論文自閉スペクトラム症児における表出語彙数、品詞割合と語彙年齢の関係.発達障害支援システム学研究,18(1),89-95、2019.
タブレット端末機を通して英語単語を獲得していた自閉スペクトラム症児1例-獲得した日本語と英語の単語のの比較-.新潟医療福祉学会誌,19(1),45,2019.
自閉症スペクトラム症児17例の呼称課題における誤答分析.第64回音声言語医学総会・学術集会,100,2019.
自閉スペクトラム症児17例の呼称課題における誤答分析.発達障害支援システム学研究,19(2),115-121,2020.
知的障害児の呼称課題における誤答分析.第65回日本音声言語医学会総会・学術講演会,61,2020.
自閉スペクトラム症児1例における日本単語獲得-音声ペンを用いた訓練-.第20回新潟医療福祉学会学術集会,48,2020.
社会的活動2021年度 新潟県立新潟聾学校評議員
2021年度 阿賀町 言葉の相談会 担当
2021年度 上越特別支援教育 言語・難聴部研修会講師

Profile

Research AreasDevelopmental Language Disorder
Research IntroductionThe study of vocabulary ability in developmental Language Disorder
BooksChapter 4 articulation disorder with ASD and Down syndrome. Articulation disorder in child -studying from cases-. (eds) NOtoya and Suwa.
PapersError analysis of confrontation naming in 17 cases of autism spectrum disorder
このページのトップへ