スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

臨床技術学科

教員紹介

大山 富三写真

医療技術学部/臨床技術学科

大山 富三
Tomizo Ohyama
講師

プロフィール

担当科目臨床血液学Ⅰ、臨床血液学Ⅱ、臨床血液学実習Ⅰ、臨床血液学実習Ⅱ、検査技術実習、基礎ゼミ、連携基礎ゼミ
専門分野血液検査学
資格臨床検査技師、臨床工学技士
過去の経歴帝京大学医学部附属病院中央検査部、北里衛生科学専門学院、北里大学保健衛生専門学院を経て現職
所属団体・学会等日本臨床衛生検査技師会、日本臨床工学技士会、日本血液学会、日本検査血液学会、日本プロテオーム学会

業績等

研究領域腎臓(糸球体)のポドサイトとPEC細胞の培養細胞の樹立
研究紹介生体内のポドサイトと壁側上皮細胞の特徴、性質をin vitroで解明にするため、ポドサイト、壁側上皮細胞を培養し、より生体内に近い培養細胞の樹立を目指している。
著書臨床工学講座 関係法規.日本臨床工学技士教育施設協議会監修.第4章-2.第6章.医歯薬出版株式会社.2013.
研究論文1)柴田政俊,大山富三,他.MRSAのEnterotoxin,TSST-1の産生性および薬剤感受性.防菌防黴誌Vol. 22,No.1, 3-8
2)柴田政俊,大山富三,他.近年分離された肺炎球菌のペニシリン感受性と諸性状.医学と生物学Vol. 6,No.128,321-325
3)柴田政俊,大山富三,他.MRSAの培養細胞に及ぼす影響.防菌防黴誌Vol.23 No.12,23-25
4)鈴木英明,大山富三,他. ナットーキナーゼ抽出物の服用による血液流動性の影響.生物試料分析Vol.25,No.4,333-338
5)鈴木英明,大山富三,他. 培養微生物抽出液によるマクロファージ細胞J774.1細胞の活性化.北里大学保健衛生専門学院紀要Vol.13.35-41
6)Oite T, Ohyama T, et al. State-of-the-art strategies for the prevention of progression of glomerular disease to renal insufficiency.Niigata Journal of Health and Welfare. 2011; 11: 70-77.
7)Asai T, Oyama T, et al. Aflatoxin contamination of red chili pepper from Bolivia and Peru, countries with high gallbladder cancer incidence.Asian Pacific J Cancer Prev. 2012; 13: 5167-70.
8)Ikegami K, Tsuchiya Y, Nishi Y, Gonzales S, Oyama T, et al. Parasite infections among people living in a high altitude area of La Paz, Bolivia. Niigata Journal of Health and Welfare.2013; 13: 51-56
9)Yaoita E, Nishimura H, Nameta M, Yoshida Y, Takimoto H, Fujinaka H, Kawachi H, Magdeldin S, Zhang Y, Xu B, Oyama T, Nakamura F, Yamamoto T. Avian Podocytes, Which Lack Nephrin, Use Adherens Junction Proteins at Intercellular Junctions. Journal of Histochemistry & Cytochemistry.2016:64(1) 67-76.

このページの先頭へ戻る