スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

臨床技術学科

教員紹介

髙橋 良光写真

医療技術学部/臨床技術学科

髙橋 良光
Yoshimitsu Takahashi
講師

プロフィール

担当科目生体機能代行装置学Ⅰ・Ⅱ、医用治療機器学、生体機能代行装置学実習、医用機器学実習、工学技術実習、医用機器学概論、医用機器管理論、看護実践論、臨床技術学総合演習、基礎ゼミ、連携基礎ゼミ
専門分野生体機能代行装置学、バスキュラーアクセス
学位・称号/取得機関/取得年博士(医学)/新潟大学/2016年
資格臨床工学技士、透析技術認定士、呼吸療法認定士
最終出身校新潟大学
過去の経歴埼玉医科大学病院血液浄化部、埼玉医科大学国際医療センターMEサービス部、桐蔭横浜大学医用工学部臨床工学科非常勤講師、(医)蒼龍会東松山メディカルクリニック透析室室長を経て現職
所属団体・学会等日本臨床工学技士会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、日本呼吸療法医学会、日本透析医学会、本集中治療医学会、新潟県臨床工学技士会、新潟急性血液浄化研究会、新潟医学会、新潟医療福祉学会、新潟大学客員研究員

業績等

研究領域生体と生命維持管理装置を結ぶバスキュラーアクセスの研究
研究紹介血液浄化療法に用いられるデバイスとしてダブルルーメンカテーテルを安全かつ効果的に用いることは重要です。患者さんに合ったデバイスの検討、治療条件に合ったデバイスの選択について研究・開発を行っています。
著書臨床工学技士の働き方・キャリアアップ【Part1 養成施設卒業後の道】教員として働く. Clinical Engineering vol.29,No.7、秀潤社、2018、583-585
エコーを使ったバスキュラーアクセス穿刺法ガイド 穿刺針について. メジカルビュー社、2018、183-187
第2種ME技術実力検定試験 マスター・ノート、2nd edition. メジカルビュー社、2018、151-158
第2種ME技術実力検定試験 必勝ポイント帳、1版. メジカルビュー社、2016、59-68
一般社団法人 日本臨床工学技士教育施設協議会編、第28回 臨床工学技士国家試験問題解説集、1版. へるす出版、2015、35-40
第2種ME技術実力検定試験 マスター・ノート、1版.メジカルビュー社、2014、103-118
第2種ME技術実力検定試験重要問題集中トレーニング、1版.メジカルビュー社、2014、160-179
人工呼吸管理に必要な機器のすべて パルスオキシメータ/カプノメータ. Clinical Engineering Vol.21 No.5 秀潤社、2010、443-451
小児CHDF用bedside console. 小児外科、Vol.40、No.3、東京医学社、2008、275-280
受賞歴AKI&CRRT2018 「Pressure-interlocking control system reduces vascular access hemodialysis catheter suction toward vessel walls」 Nurses/Allied Professionals Registration Grant 2018
33rd Congress of the International Society of Blood Purification 「Pressure interlocking control system prevents catheter suction toward the vessel wall」 Best Abstract Award Prize 2015
第17回日本臨床工学会「ダブルルーメンカテーテルの接続に関する検討-第一報-」第4回JACET AJINOMOTO Award受賞 2008
第18回日本急性血液浄化学会 「DLCを用いた血液浄化療法施行中に発生するへばりつき現象に関する検討」Best Presentation Award受賞 2007
研究論文Yoshimitsu Takahashi, Junichiro J. Kazama, Suguru Yamamoto, Takashi Oite and Ichiei Narita, Suction towards a vessel wall by hemodialysis catheters - the establishment of a new experimental extracorporeal circulation system using pig veins, Renal Replacement Therapy. 2018.
髙橋良光、山本卓、風間順一郎、成田一衛、追手巍、バスキュラーアクセスカテーテルの脱血孔構造の違いが血管壁吸引状態にあたえる影響.vol.9、No.2、日本急性血液浄化学会誌 2018、111-115.
Wakamatsu Takuya, Yamamoto Suguru, Ito Toru, Sato Yoko, Matsuo Koji, Takahashi Yoshimitsu, Kaneko Yoshikatsu, Goto Shin, Kazama Junichiro James, Gejyo Fumitake, Narita Ichiei, Indoxyl Sulfate Promotes Macrophage IL-1beta Production by Activating Aryl Hydrocarbon Receptor/NF-kappa/MAPK Cascades, but the NLRP3 inflammasome Was Not Activated. Toxins. 2018.
Yamamoto S, Sato M, Sato Y, Wakamatsu T, Takahashi Y, Iguchi A, Omori K, Suzuki Y, Ei I, Kaneko Y, Goto S, Kazama JJ, Gejyo F, Narita I, Adsorption of Protein-Bound Uremic Toxins Through Direct Hemoperfusion With Hexadecyl-Immobilized Cellulose Beads in Patients Undergoing Hemodialysis, Artif Organs. 2017.
曽根原拓哉、髙橋良光、ブタ気管を用いた気管チューブからの垂れ込み評価システムの構築.Clinical Engineering vol.28、No.7、2017、566-567
長谷川瑞帆、小田雄基、髙橋良光、持続的血液浄化療法時の血液浄化用カテーテルによるへばりつき現象の改善方法の検討.Vol.34、埼玉県臨床工学技士会会誌、2017、24-26
坪谷佳保、髙橋良光、吉田航、追手巍、携帯電話を用いた血液浄化用機器説明表示システムの教育的活用の取り組み.Vol.5、No.1、埼玉透析医学会会誌、2016、105-108
髙橋良光、風間順一郎、山本卓、成田一衛、追手巍、バスキュラーアクセスカテーテルに起因した血管壁吸引状態を改善するための対処手技有効性評価法の確立.Vol.7、No.2、日本急性血液浄化学会誌 2016、97-101
渡辺俊哉、小松靖枝、髙橋良光、ブタ肺を用いた強制換気が与える影響の評価システムの構築、Clinical Engineering Vol.27、No7、2016、584-585
髙橋良光、風間順一郎、中村 藤夫、生駒俊和、山本 卓、成田一衛、ブタ血液および静脈血管を用いたバスキュラーアクセスカテーテルに起因するへばりつき現象の評価.Vol.6、No1、日本急性血液浄化学会誌、2015、29-34
西澤良史、髙橋良光、田中杏実、風間順一郎、追手巍、血液浄化用カテーテルのへばりつき現象の改善方法に関する検討、No.43、新潟県臨床工学技士会会誌、2015、18-20
田中杏実、髙橋良光、西澤良史、風間順一郎、追手巍、非カフ型カテーテルのへばりつき現象は手技により改善するか. Vol.4、No.2、埼玉透析医学会誌、2015、215-217
髙橋良光、風間順一郎、中村藤夫、川村和子、山本卓、成田一衛、追手巍、血液浄化用カテーテルに起因するへばりつき現象は圧力連動制御機能により抑制するか.Vol.23、No.3、日本血液浄化技術学会誌、2015、540-543
髙橋良光、ブタ静脈血管を用いたダブルルーメンカテーテルの評価法に関する検討.Vol.128、No6、新潟医学会誌、2014、251
髙橋良光、山本卓、風間順一郎、成田一衛、ブタ静脈血管を用いた短期カテーテルの評価システムの開発に関する検討.平成26年度コメディカルスタッフ研究助成報告、Vol.6、No.48、日本透析医学会会誌、2014、393-394
髙橋良光、中村藤夫、追手巍、血液浄化療法に用いるdouble lumen catheterの構造の違いが実血流量にあたえる影響.Vol.4、No.1、日本急性血液浄化学会雑誌、2013、 69-74
研究業績科研費若手研究(B)「血液浄化療法中のトラブル『ゼロ』への挑戦~新規ダブルルーメン・カテーテルの開発~」2017-2018年度(代表研究者)
日本透析医学会コメディカルスタッフ研究助成「ブタ静脈血管を用いた短期カテーテルの評価システムの開発に関する研究」2014年度
教育に関する活動一般社団法人 日本臨床工学技士教育施設協議会 選挙管理委員 副委員長(2018年度~)
一般社団法人 日本臨床工学技士教育施設協議会 広報委員(2014年度~)
社会的活動独立行政法人国際協力機構 国際緊急援助隊医療チーム メディカルサプライ班 班員(2018年~)
信越地域の医療機関における電波利用推進協議会 構成員(2017年~)
独立行政法人国際協力機構 国際緊急援助隊医療チーム 医療調整員(2016年~)
一般社団法人 新潟県臨床工学技士会 理事(2014年~)
新潟急性血液浄化研究会 世話人(2012年~)

このページの先頭へ戻る