スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

感染防御のための基本的な注意事項について(2月25日更新)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するために、引き続き、学生の皆様には「不要不急の外出や県外への移動をしないこと(やむを得ず感染拡大の恐れがある地域へ移動した場合は14日ルールを守ること)」、「新しい生活様式を守ること」、「密閉・密集・密接という3つの密を避けて、約2メートルの社会的距離を保つこと」をお願いします。
また、医療機関で実際に感染者の治療にあたっている医療従事者の視点で考えることも大切です。

社会的距離を保つことも、密閉・密集・密接を避けることも、治療の場面ではできませんが、それでも感染しないのは、常にマスクを装着し、ウイルスに接触した可能性がある手で口・鼻に触れず、ウイルスを侵入させないからなのです。
手洗いを励行するのも、会食やカラオケを避けるのも、同じ意味からです。そこで本学では行動経済学の視点も考慮に入れて、感染防御のために特に重要な項目を次の3つに整理しています。

  • (1)
    会食・カラオケを避ける

  • (2)
    常にマスクを装着し、口と鼻に触れない

  • (3)
    健康状態の観察と行動の記録を続ける

これら3項目を徹底するよう、改めて確認をお願いします。
新型コロナウイルスの感染力は強いので、感染者と会食をしたり、カラオケをしたりすると、容易に感染します。こうした環境を極力避けることが大切です。
普段から同居している家族以外との会食は、この状況が改善するまで避けてください。マスクをつけて「静かな会食」をするのではなく、会食自体を回避してください。
仮に感染者と接触しても、飲食の時以外は常にマスクをつけ、ウイルスに接触した可能性がある手で、口や鼻に触れないように注意すれば、感染するリスクを下げられます。手をよく洗うことも、口や鼻からウイルスを侵入させないための手段ですから、常にマスクをつけましょう。マスクを外す時は、耳掛けの部分のみを持ち、内面を外面に被せて畳み込むように、外面には触れずに捨ててください。
また、万一感染者と接触したことが判明した場合は、その時点までの2週間の行動を調べ、この間に接触した人たちによる次の感染拡大を防ぐ必要があります。行動履歴を振り返ることができるように、自らの健康状態と行動を必ず記録しておきましょう。
このような感染防御対策を、これから新型コロナウイルス感染症が終息するまで、続けて行く必要があります。

また、新潟県の対策本部は独自の「警報」を継続しています。次の3点を守り、高齢者への感染につながらないよう、特に注意するように求めています。

  • 1)感染拡大が見られる他都道府県との往来(出張、帰省等)はさらに慎重に判断し、極力控える
    • ・県外と往来しなければならない場合は、飲み会や接待を伴う飲食は控える
    • ・出張後や帰省中は、家の中でもマスクをする
  • 2)警報期間中は、普段顔を合わせない人との飲み会・食事会は、極力控える
    • ・単に会う場合でも以下を守る
      体調が悪い場合は会わない(症状消失後も2日は×)/人数を絞る/短時間で会う/距離を取る/マスクは外さない
  • 3)次のイベントを実施する場合は感染防止対策を徹底する

    〇飲酒を伴う会合等

    • ① 体調が悪い場合は参加しない(症状消失後も2日は×)
    • ② オンライン会合を検討する
    • ③ 人数を絞る/なるべく普段から一緒にいる人と
    • ④ 短時間で行う(二次会は行わない)
    • ⑤ 距離を取る(斜め向かいに座る等、配置を工夫)
    • ⑥ マスク、手指の消毒等の感染防止対策を徹底

以上、新潟県が求めていることは、本学の以前からの方針と同じです。私たちが今しなければならないのは、自らが感染しないように、周囲の人たちに感染させないように、慎重に行動することです。これが本学の学生の皆さんに求められる自覚と分別ということです。

また感染してしまった仲間に対する誹謗中傷は、決して行ってはなりません。
誹謗中傷を受けることを恐れると、感染が疑われる時に、報告をしてもらうことが難しくなります。当事者が、プライバシーが守られないと受け止めれば、黙ってしまいますから、感染の拡大を防がねばならない大切な時に、大学として的確な対応ができなくなってしまいます。
本学は皆さんのプライバシーを徹底して守ることをお約束します。ですから、万一感染が疑われる場合には、速やかに学科の担当教員と学生課にその旨を報告してください。

本学では厚生労働省の新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を利用することとしています。感染拡大の防止に繋がることが期待されていますので、まだ登録が済んでいない学生の皆様は登録をお願いします。アプリのインストール方法については下記URLよりご確認ください。

厚生労働省新型コロナウイルス接触確認アプリに関する情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

体調が優れないとき、感染の不安があるとき、新潟リハビリテーション病院におけるPCR検査について

  • ・発熱などの症状が出た場合には、大学構内には立ち入らず、速やかに学生課に報告し、指示を受けてください。
  • ・「14日ルール」の適応のために、学習や課外活動等に重大な支障を生じる場合には、無症状であれば、新潟リハビリテーション病院でPCR検査を受け、「14日ルール」を短縮することができます。検査費用は大学が負担しますので、学内クラスターを発生させないために、必ず所定の申請を行ってください。

【問い合わせ窓口】

学生課 TEL:025-257-4500 E-mail:gakusei@nuhw.ac.jp (TEL受付:平日 9:00~17:00)※ 時間外の場合はE-mailにて連絡してください。

都道府県をまたぐ移動の制限について

  • ・本学では「感染拡大の恐れがある地域」を国外と緊急事態宣言を受けた10都府県(東京・神奈川・埼玉・千葉・岐阜・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡)とし、移動について禁止としています。また、その他地域についての移動も自粛してください。10都府県から新潟県への移動も禁止とします。
  • ・春季休暇中の行動について、県外に帰省する、あるいは移動する場合は、「県外移動届」を提出してください。また、春季休暇中は県の内外を問わず、お伝えしている注意事項をしっかりと守り、慎重な行動を続けてください。
  • ・新2~4年生と大学院生の皆さんは、次年度の講義が4月6日から始まりますので、その2週間前の3月22日までに新潟に戻ってください。戻ってからは「14日ルール」が適用されますので、不要不急の外出は可能な限り控えて、健康観察と行動の記録を続け、授業開始時に学科担当者に提出してください。
  • ・万一、体調がよくない場合は、速やかに学科担当者と学生課に報告するとともに、医療機関を受診してください。
  • ・グループ関連の新潟リハビリテーション病院において、10月12日から、新型コロナウイルスのPCR検査や抗原検査が実施できるようになりました。
    新潟に戻っても無症状であり、新潟リハビリテーション病院でのPCR検査の結果が陰性であれば、「14日ルール」を5日間に短縮することができます。
    詳細はポータルサイトに掲載する「PCR検査受検運用ガイドライン」で確認してください。
  • ・海外渡航は引き続き禁止です。

2020年度前期授業の実施方法と感染対策について

  • ・前期の授業はすべてメディアを利用して実施しました。

2020年度後期授業の実施方法と感染対策について

  • ・後期の授業はメディア授業と十分な感染防御対策を講じた上で、対面式での授業を実施しました。
  • ・入構について春季休暇中に入構する場合は、「施設管理ガイドライン」に従い、施設利用前に体温チェックを受け、学内ではマスクを装着し、身分証を身につけてください。

本学の学生支援について

  • ・本学ホームページには、学生支援機構を始めとする各種の奨学金制度をご紹介しています。また、学費の延納や分納のご相談にもお答えしています。
  • ・図書館の学習支援センターでは、学習に関する相談や各種科目のセミナー、定期試験を受験するための基礎セミナー等を用意していますので、直接センターに申し込んでください。
  • ・就職に関する相談、模擬面接の練習、教員採用試験に関する相談も、全てオンラインでできるようにしていますし、学内で直接指導を受けることもできます。
  • ・心配事や精神的な悩み事がある場合は、精神科医師や臨床心理士による個別相談をオンラインで受けることができますので、学生課に相談してください。必要があれば、直接面談もできます。オンラインでの講義が多いことなどから、友人ができないなど、その他にも相談や質問がありましたら、遠慮なく各学科の教員か学生課に連絡してください。

【問い合わせ窓口】

学費やメディア授業などの問い合わせ  学生課       TEL:025-257-4500 E-mail:gakusei@nuhw.ac.jp
各セミナーについての問い合わせ    学習支援センター  TEL:025-257-4501 E-mail:learning@nuhw.ac.jp
就職についての問い合わせ       キャリア開発室   TEL:025-257-4457 E-mail:recruit@nuhw.ac.jp
心配事や悩み事についての問い合わせ  健康管理センター  TEL:025-257-4500 E-mail:gakusei-sodan@nuhw.ac.jp
図書館利用についての問い合わせ    図書館・学習支援課 TEL:025-257-4503 E-mail:library@nuhw.ac.jp

(TEL受付:平日 9:00~17:00)※ 時間外の場合はE-mailにて連絡してください。

サークル活動などについて

  • ・部活動、サークル活動、ボランティア活動等は、事前に担当の顧問に相談の上、「活動計画書」を提出していただき、安全が確認されれば許可します。顧問が不在のサークル活動については、学生課に相談してください。感染防御対策を徹底した上で活動してください。
  • ・強化指定クラブの皆さんは、公式大会に参加するためなどの目的で県外に移動した場合には、「14日ルール」が適用になります。「14日ルール」が適用されることで、学習や課外活動に重大な支障が生じると判断される時は、PCR検査を受けることにより「14日ルール」を短縮できます。監督・コーチを通じて学生課に連絡を取り、事前にPCR検査を申し込んでください。学内では監督・コーチの指示に従い、学内施設を利用する場合には、身分証を身につけ、感染防御対策を講じた上で行動してください。

【問い合わせ窓口】

学生課 TEL:025-257-4500 E-mail:gakusei@nuhw.ac.jp (TEL受付:平日 9:00~17:00)※ 時間外の場合はE-mailにて連絡してください。

アルバイト活動について

  • ・学生、大学院生の皆様には、感染リスクが高いアルバイト活動は引き続き「自粛」をお願いします。夜間の居酒屋など、飲食を伴う場所でのアルバイト活動は、感染リスクが特に高いと考えられるので、やむを得ない場合は、感染防御対策を徹底して対応してください。

【問い合わせ窓口】

学生課 TEL:025-257-4500 E-mail:gakusei@nuhw.ac.jp (TEL受付:平日 9:00~17:00)※ 時間外の場合はE-mailにて連絡してください。

本学への来学について

  • ・入構時には「施設管理ガイドライン」を定めましたので、2ヵ所の検温所のいずれかから入構し、学内では身分証を身につけ、指示された動線に従って行動し、入構目的に応じて指定された施設のみを利用してください。入構してから万一発熱するなど、体調に異常を生じた場合は、速やかに学生課に連絡し、指示に従ってください。

【問い合わせ窓口】

本学への来学についての問い合わせ 学生課       TEL:025-257-4500 E-mail:gakusei@nuhw.ac.jp

(TEL受付:平日 9:00~17:00)※ 時間外の場合はE-mailにて連絡してください。

大学院生の皆様へ

  • ・大学院生の皆さんの研究活動は、すでに再開していただいています。皆さんの入構につきましては、「施設管理ガイドライン」に従ってください。夜間もしくは休日の場合は、担当教員の指示の下で、検温と体調の確認をおこなってください。

大学からの重要な連絡について

  • ・本学では2月25日に危機管理対策委員会を開催し、今後の方針を決定しました。今回の方針の有効期間は2月26日から3月25日までとします。
    行動制限レベル表(2月26日~3月25日)
  • ・繰り返しになりますが、本学学生に相応しい分別ある行動を続けてください。疑わしい症状を自覚した場合には、速やかに学科の担当者か学生課に報告してください。感染した仲間への誹謗中傷は厳に慎んでください。皆さんのご理解とご協力を今後も宜しくお願いいたします。
このページのトップへ