臨床技術学科教員紹介

臨床技術学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科ブログ

臨床技術学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科ブログ

教員紹介

追手 巍写真

医療技術学部/臨床技術学科

追手 巍
Takashi Oite
教授

プロフィール

担当科目医学概論、臨床医学総論、日本語表現法、 基礎ゼミ、連携基礎ゼミ
専門分野実験病理学、腎臓病学、微小循環動態学
学位・称号/取得機関/取得年医学博士/新潟大学/1979年
資格医師
最終出身校新潟大学医学部医学科
過去の経歴1979-1981年、アレキサンダー・フンボルト財団奨学生としてドイツ・フライブルク大学へ留学、 1984年ドイツ腎臓研究協会の支援によりフライブルク大学で研究(3か月)、2002-2014年 獨協医科大学非常勤講師(病理学)、2010年-現在 中国・南京中医薬大学客員教授、2011年-現在 新潟大学名誉教授を経て現職
所属団体・学会等日本病理学会(功労会員)、日本腎臓学会(功労会員)、世界腎臓学会(会員)

業績等

研究領域実験病理学、腎臓病学、微小循環動態学
研究紹介腎臓疾患の成り立ち、腎臓を中心とした微小血管における血行動態を研究
著書追手 巍他(右田俊介、紺田 進、本庶 佑、濱岡利之編集) 腎炎 免疫実験操作法 南江堂 1995年 追手巍他(下条文武、斎藤 康監修) ダイナミックメディシン 腎の構造と機能、西村書店、2003年 、追手 巍他(北 徹、堀内久徳、柳田素子、猪原匡史、宮本秀和、並河 徹編集) 循環器疾患ー疾患モデルの作製と利用 エル・アイ・シー(株) 2010年、追手巍他(宮永豊総監訳) 運動やトレーニングに対する腎臓の反応 西村書店 2010年、追手 巍 他(中村藤夫編集) 第二種ME技術実力検定試験 マスター・ノート メディカルビュー社 2014年
受賞歴新潟県医師会学術奨励賞(1984年)、内藤記念科学奨励金(1997年)、日本病理学賞(2006年)、日本腎臓財団賞(2006年)、新潟日報文化賞(2006年)
研究論文T. Oite et.al. Quantitative studies ―. J Exp Med. 155:460, 1982. T. Oite Exploring the mechanism ― Proc Jpn Acad Ser B 87:81, 2011 他 216編
研究業績1976年文科省科学研究費補助金奨励研究(代表)、1977年、文科省科学研究費補助金奨励研究(代表)、1984-1986年文科省科学研究費補助金一般研究C(代表)、1988-1989年文科省科学研究費補助金一般研究C(代表),1992-1993年文科省科学研究費補助金一般研究C(代表)1994-1995年 文科省科学研究費補助金一般研究C(代表)、1996-1997年 文科省科学研究費補助金一般研究C(代表)、1997年 内藤記念科学奨励金(代表)、1997年 新潟大学医学研究助成金(代表)、2001年 新潟大学プロジェクト推進経費(代表)、2003-2005年 文科省科学研究費補助金費基盤研究B(代表)、2007年 新潟大学プロジェクト推進経費(代表)、2007年 新潟大学基盤研究支援促進設備費(代表)、2009-2010年共同研究費(ノバルティスファーマ社)(代表)、2009-2010年 共同研究費(日本新薬)(代表)
教育に関する活動1975-2011年新潟大学大学院医歯学総合研究科腎研究施設に所属し、国内外の大学院博士課程学生の指導、医学部学生の指導に当たった。2002-2016年 獨協医科大学非常勤講師(病理学)、2010年-現在 中国・南京中医薬大学客員教授、2011年-現在 新潟大学名誉教授
社会的活動DAAD(ドイツ)奨学生面接委員:2003-2005年、新潟日独協会専務理事:2005-2011年、新潟大学医学部学士会(同窓会)会長:2006-2010年、公益財団法人 日本腎臓財団評議員:2011-2015年、財団法人新潟医学振興会理事長:2011年ー現在まで、ヒト幹細胞臨床研究に関する倫理委員会(外部委員): 2011-2013年、新潟大学医歯学総合病院 遺伝子治療臨床研究に関する理倫理委員会(外部委員):2014年-現在まで、新潟大学医歯学総合病院 細胞プロセッシング室運営委員会(外部評価委員):2014年-現在まで、新潟大学工学部倫理員会(外部委員):2015-現在まで
国外における特別講演・シンポジウム1980年 1st International Symposium on the GBM(Viena)、 2006年 ハルビン医科大学建校80周年記念招聘特別講演(ハルビン)、2007年 Experimental Biology 2007, Symposium:Connexins and the Kidney (Washington DC), 2010年 南京中医薬大学客員教授受賞特別講演(南京) 
国内の大きな学会における特別講演1983年第29回日本病理学会秋期総会・A演説(東京)、1987年 第22回日本小児腎臓学会ミニレビュー(神戸)、2002年 第37回日本小児腎臓学会教育講演(神戸)、2005年 第48回日本腎臓学会教育講演、2006年 第95回日本病理学会総会・宿題報告(東京)、2007年 第50回日本腎臓学会教育講演(浜松)