スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

健康スポーツ学科

教員紹介

秋山 隆之写真

健康科学部/健康スポーツ学科

秋山 隆之
Takayuki Akiyama
准教授

プロフィール

担当科目サッカー、サッカー指導法、サッカー指導実習、専門サッカー、スポーツ実践指導法実習(サッカー)、スポーツ・健康、スポーツ・実践(サッカー&フットサル)
専門分野サッカー
学位・称号/取得機関/取得年学士(経営学)/立正大学/1993年
資格JFAスポーツマネジャーGrade3資格、JFA公認指導者資格、日本スポーツ協会公認スポーツ指導者資格、JFAマッチコミッショナー資格
最終出身校立正大学経営学部経営学科
過去の経歴名古屋グランパス選手
立正大学体育会サッカー部監督
ジェフユナイテッド市原・千葉強化部、育成普及部
所属団体・学会等日本体育学会、日本フットボール学会、新潟医療福祉学会
競技歴 シンガポール国際親善試合出場(vsシンガポール代表 名古屋グランパス選手)、香港国際サッカー杯出場(名古屋グランパス選手)、福岡市長杯準優勝(決勝vs鹿島アントラーズ 名古屋グランパス選手)
E-mailアドレスakiyama@nuhw.ac.jp

業績等

研究領域サッカー、コーチング
研究紹介 ・元Jリーグコーチの学習指導時における認知構造に関する研究
・サッカーにおける状況判断能力の獲得に関する研究
 近年の運動スキルの獲得に関する研究では、細かく指示を出すコーチングよりも、問題に対して独自の解決策を見つけるように考えることを促すコーチングの方がより効果があり、その際、個人特性、トレーニング環境(例えば、コートの大きさ)、課題(プレーのルール)に制約を加えトレーニング内容をデザインすることが重要だと言われています。現在、このようなトレーニング内容が選手の状況判断能力にどのような影響を及ぼすのかについて、プロサッカー選手やプロ監督へのインタビューを通じて定性的に検討し、新たなトレーニングメゾットの開発を研究しています。
社会的活動 一般社団法人全日本大学女子サッカー連盟評議員
一般社団法人新潟県サッカー協会社会人サッカー連盟理事
一般社団法人新潟県サッカー協会女子委員会委員(大学)
一般社団法人新潟県サッカー協会資格・規律・フェアプレー委員会委員(大学)
新潟県三条市スポーツ推進審議会委員
主な職歴・指導歴2003年J1リーグセカンドステージ準優勝(ジェフユナイテッド市原・千葉強化部)、2004年J1リーグセカンドステージ準優勝(ジェフユナイテッド市原・千葉強化部)、2008・2009・2012年度全日本大学サッカー選手権大会出場(新潟医療福祉大学男子サッカー部監督)、2012年度総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント出場(新潟医療福祉大学男子サッカー部監督)、2012年度全日本大学女子サッカー選手権大会ベスト16(新潟医療福祉大学女子サッカー部監督)、2013・2014・2015年度全日本大学女子サッカー選手権大会ベスト8(新潟医療福祉大学女子サッカー部監督)、2012・2014・2015年度皇后杯全日本女子サッカー選手権大会出場(新潟医療福祉大学女子サッカー部監督)、2014年なでしこチャレンジリーグ昇格(新潟医療福祉大学女子サッカー部監督)、2016年岩手国体優勝(新潟県女子国体選抜主務)
過去に指導した主な学生(アルビレックス新潟関係選手)安英学(元アルビレックス新潟 2010年FIFAワールドカップ南アフリカ出場 2011年J1リーグ優勝)
新井健二(元アルビレックス新潟 2006年シンガポールリーグ優勝 2009年AFCチャンピオンズリーグ出場)
高橋美夕紀(元アルビレックス新潟レディース 2015年ユニバーシアード大会韓国/光州銅メダル)
山谷瑠香(アルビレックス新潟レディース 2016年岩手国体優勝)
指導・影響を受けた指導者ミゲル・オビエド(元アルゼンチン代表選手 1978年FIFAワールドカップアルゼンチン優勝)
ジョゼフ・ベングロシュ(元旧チェコスロバキア代表監督 1990年FIFAワールドカップイタリアベスト8 元ジェフユナイテッド市原・千葉監督 元欧州コーチ連盟会長 元FIFAテクニカルスタディーズグループチーフ)
イビチャ・オシム(元旧ユーゴスラビア代表監督 1990年FIFAワールドカップイタリアベスト8 元ジェフユナイテッド市原・千葉監督 元日本代表監督)
社会的活動(障がい者スポーツなど)第6回日本視覚障がい者サッカー選手権大会出場(新潟県ブラインドサッカー協会)
第7回日本視覚障がい者サッカー選手権大会B1大会出場(新潟県ブラインドサッカー協会)
日本ブラインドサッカー協会東北北信越リーグ開催協力活動(新潟県ブラインドサッカー協会)
インタビュー記録:岡田仁志 著 「闇の中の翼たち」 幻冬舎
日露青年交流事業「新潟・ハバロフスク女子ミニサッカー交流派遣プログラム」団長
第1回国際オープン女子ミニサッカーカップ出場(新潟医療福祉大学女子サッカー部)
このページのトップへ