スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

健康スポーツ学科

教員紹介

松浦 由生子写真

健康科学部/健康スポーツ学科

松浦 由生子
Yuiko Matsuura
講師

プロフィール

担当科目解剖学, 機能解剖学I, 機能解剖学Ⅱ
専門分野アスレティックリハビリテーション、スポーツ理学療法
学位・称号/取得機関/取得年博士(スポーツ科学)/早稲田大学/2021年
資格日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー, 理学療法士, IOC Diploma in Sports Physical Therapies
最終出身校早稲田大学スポーツ科学研究科博士後期課程
過去の経歴早稲田大学スポーツ科学学術院助手を経て現職
所属団体・学会等日本整形外科スポーツ医学会, 日本臨床スポーツ医学会, 日本理学療法士協会, 日本スポーツ理学療法学会, 日本水泳・水中運動学会

業績等

研究領域アスリートの外傷・障害予防, スポーツ障害に有効なリハビリテーションの構築
研究紹介ケガの発生メカニズムを疫学調査や身体特性の評価, 筋活動解析などを用いて研究しています。またケガの予防やパフォーマンスの向上に効果的なトレーニングの検証を行っています。
著書松浦由生子, 三富陽輔, 金岡恒治.『アスレティックリハビリテーションガイド』: 腰痛症とそのリハビリテーション, 水泳での競技復帰・再発予防プログラム, 第2版, 文光堂, 2018, pp.100-106
受賞歴・早稲田大学 濱野吉生記念褒賞(2021)
・第9回WASEDA e-Teaching Award Good Practice賞 (2021)
研究論文【研究論文】
・芝俊紀, 浦辺幸夫, 前田慶明, 篠原博, 笹代純平, 國田泰弘, 河野愛史, 松浦由生子.投球動作wind-up姿勢での股関節屈曲角度の増加が片脚立位保持に及ぼす影響,理学療法科学, 28巻5号, 695-698, 2013
・松浦由生子, 浦辺幸夫, 前田慶明, 藤井絵里, 笹代純平. 腹臥位でのストリームライン姿勢における腰椎前弯が蹴のび到達距離に及ぼす影響, 日本臨床スポーツ医学誌,22巻3号, 422-429, 2014
・Matsuura Y, Iizuka S, Koizumi K, Okuno K, Kaneoka K. Immediate Effects of The Deep Trunk Muscle Training on Lumbar Spine Alignment During Swimming. International Journal of Sport and Health Science (Vol.17), 25-31, 2019
・Matsuura Y, Hangai M, Koizumi K, Ueno K, Hirai N, Akuzawa H, Kaneoka K. Injury trend analysis in the Japan national swim team from 2002 to 2016: effect of the lumbar injury prevention project. BMJ Open Sport Exerc Med(Vol.5,No.1):e000615. 1-8, 2019
・松浦由生子, 半谷美夏, 三富陽輔,金岡恒治. 競泳日本代表候補選手における肩関節障害の発生状況と関連因子, 水と健康医学研究会誌, 20巻1号, 25-29, 2020
・Matsuura Y, Hangai M, Koizumi K, Ueno K, Hirai N, Akuzawa H, Kaneoka K. Injuries and physical characteristics affecting swimmer participation in the Olympics: A prospective survey. Physical Therapy in Sport(Vol.44), 128-135, 2020
・Matsuura Y, Matsunaga N, Iizuka S, Akuzawa H, Kaneoka K. Muscle synergy of the underwater undulatory swimming in elite male swimmers. Frontiers in Sports and Active Living, (Vol.2, No.62), 1-9, 2020
【総説】
・三富陽輔, 松浦由生子. スポーツ理学療法におけるコアスタビリティトレーニングの実際:競泳競技におけるコアスタビリティトレーニングの実際, 理学療法34巻11号, 982-988, 2017
・松浦由生子, 金岡恒治. インナーマッスルとアウターマッスル:骨盤帯・体幹部のインナーマッスルとアウターマッスルの役割,臨床スポーツ医学, 35巻10号, 1032-1035, 2018
・三富陽輔, 鈴木雄太, 松浦由生子. テーピング-基本的な考え方とスポーツ現場における活用:水泳競技におけるテーピングの実際,, 臨床スポーツ医学, 36巻9号, 1012-1016, 2019
・坂口健史, 半谷美夏, 松浦由生子, 元島清香, 三富陽輔, 金岡恒治. 競技種目別医療に必要な知識:東京2020に備えて:水泳の医療に必要な知識, 臨床スポーツ医学, 37巻4号, 1012-1016, 2020
・平山邦明, 金子香織, 松浦由生子, 運動再開に向けて指導者が注意すべきこと:実践編, コーチング・クリニック, 34巻8号, 43-45, 2020
・金岡恒治, 半谷美夏, 松浦由生子, 小泉圭介. 水泳競技におけるスポーツ外傷・障害予防とパフォーマンス向上の両立:スポーツ外傷・障害予防とパフォーマンスの両立, 臨床スポーツ医学, 37巻10号, 1138-1144, 2020
・松浦由生子, 松永直人, 金岡恒治.「競泳選手のモーターコントロール評価:障害予防とパフォーマンス向上に向けて,臨床スポーツ医学, 38巻3号, 318-323, 2021
研究業績2020-2023年度科学研究費補助金(若手研究)「競泳選手の肩関節障害の発生要因の解明」 研究代表者
社会的活動・公益財団法人 日本水泳連盟 医事委員(2017~現在)
・日本オリンピック委員会 強化スタッフ(水泳・医・科学スタッフ)(2014~現在)
・日本水泳連盟 コーチ研修会 講師
・第12回パンパシフィック水泳選手権大会 競泳日本代表トレーナー(2014)
・第28回ユニバーシアード大会 競泳日本代表トレーナー(2015)
・第29回ユニバーシアード大会 競泳日本代表トレーナー(2017)
・第13回パンパシフィック水泳選手権大会 競泳日本代表トレーナー(2018)
このページのトップへ