スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

医療情報管理学科

 

目標とする資格

目標とする資格

診療報酬請求事務能力認定試験 一般に「医療事務」と言えば、診療報酬請求事務のことを指します。具体的には、診療に要した費用を請求する業務のことです。この診療報酬請求事務に関する民間資格は複数ありますが、この「診療報酬請求事務能力認定試験」は厚生労働省が後援している唯一の資格であり、最難関の資格です。医療事務のプロフェッショナルを目指すならば、必須の資格です。
医療事務管理士 診療報酬請求事務の資格の一つで、技能認定振興協会が認定します。診療報酬請求の明細書(レセプト)の作成能力とともに点検能力を評価する試験である点が特徴です。
メディカルクラーク
(医療事務技能審査試験)
この資格は、診療報酬請求事務に必要な能力を試験するとともに、患者応対の実技を評価する点に特徴があります。日本医療教育財団による医療事務技能審査試験の合格者に「メディカルクラーク」の称号が付与されます。
医療秘書技能検定 「医療秘書」の名の付く資格試験の特徴は、診療報酬請求にとどまらない幅広い知識を評価する点にあります。具体的には、ビジネスマナー、医療法・医師法に関する知識、基礎・臨床医学、力ルテ用語や傷病名の読み書きが評価されます。
ITパスポート(国家資格) ITを利用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識を有することを証明する国家資格です。出題範囲は、ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)と多岐にわたっており、具体的には、職場における問題について情報技術を用いて解決するスキル、ネットワーク社会において安全に活動するための知識、さらには企業のコンプライアンスに資するための知識などが評価されます。
日商簿記検定 日々の経営活動(お金の動き)を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能である簿記に関する知識とスキルを認定する資格です。簿記を理解することによって、経理事務に必要な知識だけではなく、財務諸表を理解し経営分析を行う力が身につきます。さらに、公認会計士や税理士等の国家資格を目指す場合や、他の資格と組み合わせてキャリアアップを目指す場合にも必須の資格です。
ドクターズクラーク
(医療事務作業補助技能認定試験)
ドクターズクラークは、電子カルテの入力、検査の指示、処方箋の発行、診断書の作成など医師の事務作業を補助・代行します。基礎医学や臨床医学の知識があれば、医師の「相棒」となって活躍できますし、他の職種にとって必要な情報を正確に電子カルテに入力することは、チーム医療の要をなします。日本医療教育財団による医師事務作業補助技能認定試験の合格者に、この「ドクターズクラーク」の称号が付与されます。
診療情報管理士 病院内の診療情報を管理・分析する専門家です。具体的には、患者の病状や検査結果、治療経過などが入力されたカルテ(診療録)について、医療の質の確保などの観点からチェックを行ったり、入院患者の病状を国際基準に基づき分類しデータ化したりするほか、がん患者の診断・治療・経過を報告する「がん登録」などの業務も担います。さらに、ITスキルに長けた管理士は、カルテ情報をデータベース化し、医師とともに分析することで、医療の質の向上にも貢献しています。さらには、医療安全の観点から、病院の経営やマネジメントにも積極的に関与します。
医療情報基礎知識検定試験 医療情報基礎知識検定試験は、医療情報を扱う人々が共通にもっておくべき基礎的な知識を検定するものです。本検定試験は、合否判定を行って資格を与えるものではなく、受検者が自身の知識レベルを客観的に評価する機会を提供することを目的に、一般社団法人日本医療情報学会の医療情報技師育成部会が実施するものです。
基本情報技術者(国家資格) ITを開発・提供する側で仕事をする際の「登竜門」となる国家資格です。ハードウェア・ソフトウェアの基礎知識、プログラミング技術・通信ネットワークに関する知識を有し、プログラム設計から一連のプログラム開発・単体テストに至るまでのスキルが評価されます。
医療情報技師 ITのプロフェッショナルとして、病院内の情報システムの企画、導入、運用・保守管理を行う専門家です。具体的には、病院内でのカルテの記載、薬の処方や検査の予約、会計などを一体化させるコンピュータシステムを、現場のニーズに基づき企画・導入し、運用と保守管理を行います。さらには、データベース技術を用いて医師などとともに医療の質の向上を実現します。日本医療情報学会が主催する医療情報技師能力検定試験によって認定される資格です。

取得可能な学位

学士(医療情報学)
このページのトップへ