スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

医療情報管理学科

 

目指す資格

目標とする資格

診療情報管理士 疾病・手術記録などの診療情報の入力やチェックのほか、収集したデータを管理・分析し的確に活用することで医療の質の向上を支える。今後は「電子カルテ」の導入や「医療情報の開示」が進む医療福祉機関の中で、経営やマネジメントにも関与できる専門職としての活躍も期待される。
診療報酬請求事務能力認定試験 診療報酬請求事務に従事する者の資質の向上のための専門知識と技能を認定する試験。
ドクターズクラーク
(医療事務作業補助技能認定試験)
(財)日本医療教育財団による医師事務作業補助技能認定試験の合格者には「ドクターズクラーク」の称号が付与されます。この称号は、診療録や各種診断書・証明書・処方せん等の医療文書作成 業務等、医師事務作業補助職として必要な基礎的知識・技能を有していることを証明するもので、今後多くの医療機関での活躍が期待されています。
メディカルクラーク
(医療事務技能審査試験)
(財)日本医療教育財団による医療事務技能審査試験の合格者には「メディカルクラーク」の称号が付与されます。この称号は、診療報酬請求事務業務や窓口業務など医療事務職として求められる能力を備えていることを証明するもので、現在数多くの「メディカルクラーク」が、全国の医療機関で活躍しています。
医療事務管理士
医療情報技師 保健医療福祉に関連する幅広い知識と、コンピューター技術を有し、医療機関や福祉施設において薬の処方や検査の予約、会計などを電子的に処理するためのシステムの導入や、現場のニーズに対応するソフトウェアの企画・開発・運用管理全般をサポートする医療情報のスペシャリスト。
医療情報基礎検定試験
基本情報技術者(国家資格) 情報技術全般に関する基本的な知識・技能であるハードウェア・ソフトウェアの基礎知識・プログラミング技術・通信ネットワークに関する知識を有し、プログラム設計から一連のプログラム開発・単体テストまで担当することのできる情報処理の国家資格。
ITパスポート(国家資格) 独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センターが、情報処理技術者試験の一区分として行う経済産業大臣(旧通商産業大臣)認定の国家試験。
職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識を問う。
日商簿記検定 日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能である簿記についての知識・技能を認定する資格。
医療秘書技能検定 医療事務のスペシャリストである医療秘書としての、専門知識と技能の認定を行う試験。

取得可能な学位

学士(医療情報学)

このページの先頭へ戻る