スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

視機能科学科

学外実習

学内での講義・実習を通して培った知識や技術が実践を通じて「ホンモノ」へと磨かれる。
現場での発見と感動が、一人ひとりの実践力・応用力を高めます。

学外実習計画

学外計画表

臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

臨床実習I・II・III写真

眼科医療機関で、合計13週間の臨床実習を行います。2年次では見学、3年次では実践的な検査や訓練、4年次では総合実習と、段階的に学びます。臨床経験豊富な指導者から指導・助言を受けながら、学内で学んだ知識・技術の応用を目指します。


視覚障害関連施設実習

視覚障害関連施設実習写真

特別支援学校(盲学校)をはじめとする視覚障害関連施設などで実習を行います。視覚障害の理解を深めるとともに、対象者を取り巻く専門職種の連携を学びます。また、視覚障害をもつ患者様が日常的に利用される施設の役割についても学んでいきます。


福祉保育実習

福祉・保育・健診実習写真

保育園や高齢者福祉施設で、幅広い年齢層の方々と円滑な人間関係を形成することを目的に実習を行います。保育園では、幼児の身体的発達や心理の特性を実践的に学びます。高齢者福祉施設では、高齢者とのコミュニケーションの方法について学びます。


関連施設・病院

実践の場、関連医療福祉施設・提携医療福祉施設とのネットワーク
新潟医療福祉大学では、講義で学んだことを実際の現場で体験し、QOLサポーターに必要とされる実践的なスキルを磨くために、関連医療福祉施設をはじめとした全国多数の医療福祉施設に実習施設として協力いただき、実際の対象者と接することでその知識・技術を確かなものにしていきます。

このページの先頭へ戻る