スマートフォンサイトを見る

言語聴覚学科

在学生メッセージ

小林 慶晃 写真 1年生 小林 慶晃 新潟県出身

一人ひとりに寄り添った学習指導
本学科に入学してよかったと実感することは、専門的で少し難しい内容の授業でも、先生方にわかりやすく教えていただけることです。 音響学や聴覚心理学の授業では、起こる効果の説明だけでなく、実際に音を流してその現象を体験して学びます。さらに、授業のことはもちろん個人的なことも親身になって相談にのってもらえるので、学生生活が充実しています!

Q&A

Q目指している専門分野や学ぶ分野を決めたきっかけについて教えてください。

私が、言語聴覚士を目指すことに決めたきっかけは、発音に問題のある友人が居たからです。当時はその友人を手助けすることができず、悔しい思いをしました。将来は、コミュニケーションが困難な子どもたちを支援していきたいです。

Q将来の夢や目標について教えてください。

私の将来の夢は、小児領域を専門とした言語聴覚士になることです。本学で学ぶことのできるチーム医療を実践しながら、本学科の言語発達支援センターでの経験を活かし、即戦力として活躍することのできる言語聴覚士になりたいです。

Q授業以外で特に力を入れた活動について教えてください。

活動:レクア.コム部
私が所属している部活では、様々なボランティア活動を行います。子どもたちと楽しくレクリエーションできるように運営をしているところを見学させていただいたり、実際にレクリエーションに参加させていただいたりしました。子どもたちが楽しそうにしている姿を見て、このボランティア活動にやりがいを感じました。

Qおすすめの科目について教えてください。

科目名:心理測定法
この科目では、患者さんの心理を数値化する方法を学びます。 数値化する方法は種類が多いのですが、わかりやすい例やイラストを用いて表してくれるので覚えやすいです。 また、グループメンバーと話し合いながら学ぶことで、理解が深まります。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』に向けてメッセージをお願いします。

WEBオープンキャンパスは、入試対策の動画を見ることができるため非常に役立ちます。あわせて、対面のオープンキャンパスでは、実際に器具や実習施設を確認でき、大学での学びの雰囲気を感じ取ることができます。是非参加してみてください!

  MON TUE WED THU FRI
1限 スポーツ・健康   英語Ⅱ 情報処理Ⅱ  
2限 臨床心理学   言語学 解剖学実習  
3限   心理測定法   言語発達学  
4限 音声学   社会保障論   リハビリテーション
概論
5限   シティズンシップ
教育入門
    日本語表現法Ⅰ

※学生の在籍学年は2021年度在籍時のものです。

このページのトップへ