スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

就職・資格

介護福祉士(国家資格) この資格を目指す/社会福祉学科

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、利用者の身体や生活、社会活動の支援を行う専門家。

介護福祉士の仕事

介護福祉士イメージ

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、介護が必要なお年寄りや障害のある人に対して、日常生活をスムーズに送れるように介助やアドバイスを行います。食事や排泄、入浴の世話などを行う「身体介護」、利用者の身の回りの家事などを援助する「生活支援」、利用者の家族や近隣の住民などと、より良い関係を築けるように支援を行う「社会活動援助」などがあります。

介護福祉士になるには

国家試験に合格すると免許が与えられます。国家試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

  • 1、介護福祉士養成施設を卒業した者
  • 2、実務経験(3年以上介護等の業務に従事した者)+実務研修
  • 3、福祉系高校を卒業した者

主な活躍の場

  • 市町村社会福祉協議会(訪問介護事業所など)
  • 特別養護老人ホーム・介護老人保健施設などの高齢者福祉施設
  • 障害福祉サービス事業者などの障害福祉施設
  • 総合病院などの医療機関
  • 高齢者・障害者などの居住サービス事業所

介護サービスを必要とする人の増加により、活躍の場がますます広がっています。
少子高齢化などの影響により介護サービスを必要とする人が増えています。また介護に対するニーズも多様化・高度化しています。そのため、介護福祉士にはその多様化・高度化したニーズに的確に対応できる質の高い人材が求められており、数の確保と同時に、より高度な専門的能力と、保健・医療分野の幅広い知識を有し、質の高い介護サービスを提供することのできる人材が強く求められています。

このページの先頭へ戻る