スマートフォンサイトを見る

就職・資格

精神保健福祉士(国家資格) この資格を目指す/社会福祉学科

精神障害を持つ患者様やその家族の社会生活全般についてサポートを行う専門家。
精神障害をもつ患者やその家族が、社会復帰を目指す上で抱える問題を解決するため、受診や入退院から社会生活、家族問題、人権問題など生活全般にわたり、専門家の立場から様々な支援を行います。

仕事内容

精神保健福祉士イメージ

精神障害を持つ患者様やその家族が、社会復帰を目指す上で抱えるさまざまな問題を解決するために、病院や施設の受診・入退院に関する支援や福祉サービスの提供、日常生活の訓練、就労の支援、家族の支援など、社会生活全般にわたりサポートを行います。医療機関をはじめ、福祉施設、行政機関など幅広いフィールドで活躍しています。

主な活躍の場

  • 精神科病院などの医療機関
  • 精神障害者社会復帰施設
  • 都道府県(精神障害者福祉専門職など)
  • 保健所
  • 障害者地域生活支援センター

高ストレス社会において心の病をサポートする役割の担い手として、社会的な意義が高まっています。
精神保健福祉士は、心の病により社会生活に支障をきたしている人々の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けさまざまな支援を行っています。しかし、現状ではこうした支援を必要とする人の数に比べて圧倒的に数が不足しています。さらに、高ストレス社会といわれる現代において、医療・保健・福祉の領域にまたがって活躍する精神保健福祉士の役割がますます重要になってきています。

OB・OGレポート

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

松尾 美希

病院であなたの支えになる

私は現在、病院の医療ソーシャルワーカーとして、相談支援や退院援助などを行っています。生活で困っていることや病気の不安について、本人とそのご家族からの相談に対応しています。また退院援助では、本人の不安や課題と向き合い、退院後に安心して生活できるように支援をしています。

松尾 美希
卒業年度:2015年3月
出身高校:新発田高校
勤務先:新潟県立精神医療センター
職種・職位:社会福祉士・精神保健福祉士

この資格取得を目指す! 社会福祉学科

この資格を目指す/社会福祉学科

  • 資料請求・大学案内請求
  • オープンキャンパスに申し込む

このページの先頭へ戻る