特色
大学概要
学部・学科
キャンパスライフ
就職・資格
入試情報

【理学療法学科】菊元孝則 講師(理学療法学科,バイオメカニクスLab,運動機能医科学研究所)らの研究論文が,英文誌『International Journal of Environmental Research and Public Health』に採択されました!

【理学療法学科】菊元孝則 講師(理学療法学科,バイオメカニクスLab,運動機能医科学研究所)らの研究論文が,英文誌『International Journal of Environmental Research and Public Health』に採択されました!

2023.04.24 研究情報

【研究内容の概要】
スポーツ活動において足関節捻挫は発生率が高い外傷です。そして、足関節捻挫を繰り返すことで関節の不安定感が残存し、慢性足関節不安定症(CAI)を発症すると言われています。発症後は足関節捻挫の再発率が高まり、さらに重症度が非常に高い膝前十字靭帯損傷の発生リスクも高まるとの報告もあります。つまり、足関節捻挫を「軽い捻挫だから大丈夫…」などと軽視してはいけない外傷です。
しかしながら、CAIを発症した足関節に対して、足関節捻挫を繰り返す要因となる機能不全の評価を明確に行えていないことが問題視されています。そこで本研究では、姿勢制御時の足圧中心 (COP) の変位量が手掛かりとして、両脚立位から片脚立位への移乗時における足関節のみに特化した姿勢制御能力を検証しました。その結果、CAIを発症している足関節は移乗時におけるCOP移動距離が大きく、また加速度が速いことが明らかになりました。またCAI発症足は,内外側方向へのCOP変位を多用した姿勢制御を行っていることも明らかとなりました。

>>詳しい研究内容はこちら
https://www.nuhw-pt.jp/2023/04/-labinternational-journal-of-environmental-research-and-public-health.html

研究者からのコメント

本研究では、足関節捻挫を繰り返すことにより発症する慢性足関節不安定症を有する足関節機能の評価をより詳細に行うことで、他関節の機能でマスクされていた機能不全を明確にすることができました。これにより、足関節捻挫を繰り返す選手に対するリハビリテーションの再構築や、発症予防に対する新たなアプローチになる可能性があると考えています。

原著論文情報:
Takanori Kikumoto, Shunsuke Suzuki, Tomoya Takabayashi, Masayoshi Kubo: Center of Pressure Deviation during Posture Transition in Athletes with Chronic Ankle Instability [accepted].

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/