スマートフォンサイトを見る

研究の情報公開(オプトアウト)

オプトアウト

通常、人を対象とする生命科学・医学系研究では文書もしくは口頭にて説明を行い、研究対象者から同意(インフォームド・コンセント)を得て実施されます。これを「オプトイン」といいます。同意には文書による同意のほか、口頭による同意があり、さらにこれらの同意とは異なりますが、承諾する旨の研究対象者の意思表示を認識するための適切な同意という方法があります。
人を対象とする生命科学・医学系研究のうち、観察研究では例えば研究対象者への侵襲や介入がなく、人体から取得された試料を一切用いず、診療情報などの情報のみを用いて行う研究については、国が定めた倫理指針に基づき、必ずしも対象となる研究対象者から直接同意を得るとは限りませんが、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、可能な限り拒否する機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」といいます。

現在、本学におけるオプトアウトは下記の通りとなっています。研究のために自分のデータが使用されることを望まれない方は、各研究代表者までお知らせください。

研究へのご協力のお願い

研究課題名 公開文書
障害者の支援機器開発に携わる医療・福祉・工学分野の人材育成教育プログラムの開発のための調査研究 PDFファイル
このページのトップへ