在学生メッセージ

在学生メッセージ

一覧へ戻る

佐々木 勇仁

秋田県臨床技術学科4年佐々木 勇仁Yuto Sasaki

高校1年生の時、私は父に勧められたこともあり臨床工学技士になりたいと思っていました。それから高校2年生になり、臨床検査技師にも興味をもつようになりました。そんな時に志望校を調べていると、臨床工学技士と臨床検査技師のダブルライセンスを取れる新潟医療福祉大学を知り、自分にぴったりだと思い決めました。


Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

私の父は病院に勤務していて、小さいころから病院に訪れる機会が多くありました。その中で、病院で働いている人たちの優しさを感じて医療職に興味を持つようになりました。そして高校生になりインターンシップに行く機会があり、地元の病院に臨床検査技師の仕事を見学しに行きました。そこで業務の大まかな内容を説明してもらったことでさらになりたい気持ちが強まりました。

Q印象に残っている授業・実習について教えてください。

「微生物学実習」
微生物学実習を行う際に微生物検査では、感染性のある菌を扱うため感染しない正確な手技と、そのためのしっかりとした心構えが大事であると教えられました。自分が今どれだけ危険性のある検査をしているのかという自覚をもって操作を行うのと行わないのとでは感染するリスクが違うと聞き納得しました。将来、微生物検査を担当してもしっかりと心構えを持って業務を行いたいです。

Q学科で体験した「感動エピソード」や「印象に残っているエピソード」を教えてください。

私は1年生の時に行った解剖学実習がとても印象に残っています。実習内容は人の体に近い構造をしている豚の子供を実際に解剖してみるという内容でした。とても衝撃的な実習でしたが、実習を行ったことで教科書で見ただけではわからない体全体がどのような構造をしていてどう関係しているのかがイメージしやすくなりました。

Q将来の夢や目標を教えてください。

私は将来、地元に帰って臨床検査技師として働きたいと思っています。本学で臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンスを取得することで、工学の知識を持った検査技師になれるよう勉強しています。ダブルライセンスを活かして高度化する医療に従事していきたいです。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は2018年度在籍時のものです。

このページのトップへ