理学療法学科教員紹介

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科オリジ
ナルサイト

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科オリジ
ナルサイト

教員紹介

菊元 孝則写真

リハビリテーション学部/理学療法学科

菊元 孝則
Takanori Kikumoto
講師

プロフィール

担当科目筋骨格系理学療法学、スポーツ障害理学療法学、医療英語ⅠⅡ
専門分野Athletic Rehabilitation,Orthopedic Physical Therapy
学位・称号/取得機関/取得年博士(スポーツ医学)/筑波大学/2018年
資格理学療法士
最終出身校筑波大学
過去の経歴浜松・東三河フェニックス、秋田ノーザンハピネッツ、新潟アルビレックスBBを経て現職
所属団体・学会等日本理学療法士協会、日本体力医学会、日本臨床スポーツ医学会、National Athletic Trainers' Association、日本バスケットボール学会、日本体育学会

業績等

研究領域非接触型膝前十字靭帯(ACL)損傷予防に向けての取り組み
スポーツ外傷・障害の予防
研究紹介本学の強化指定クラブの選手のみならず、プロ選手や中高生アスリートを対象に、ケガがどの様に発生するのか、またそのケガを予防する方法の検証に取り組んでいます。
受賞歴第6回日本バスケットボール学会 オーラル賞 2019年
研究論文【筆頭】
1.菊元孝則,江玉陸明,中村雅俊,宮川俊平:女子バスケットボール選手の股関節外転筋力が片脚着地時の膝関節アライメントに及ぼす影響.体力科学. 66(6) 399-405, 2017.
2.菊元孝則,宮川俊平:片脚着地時における矢状面上の下肢関節戦略.理学療法科学.33(2), 2017
3.Takanori Kikumoto, Kazuma Akatsuka, Emi Nakamura, Wataru Ito, Ryo Hirabayashi and Mutsuaki Edama:Quantitative evaluation method for clarifying ankle plantar flexion angles using anterior drawer and inversion stress tests: a cross-sectional study. Journal of Foot and Ankle Research. 12, Article number: 27, 2019
研究業績2018年‐2019年:膝前十字靭帯損傷の危険因子になり得る衝撃吸収パターンの解明(文部科学省・若手研究)
社会的活動・新潟県バスケットボール協会スポーツ医科学委員会 副委員長
・新潟医療福祉大学 男女バスケットボール部 メディカルサポート
・Reviewer(体力科学,Journal of Foot and Ankle Research,Physiotherapy Theory and Practice)

【トレーナー活動】
平成12年~平成19年:八王子学園八王子高等学校 バスケットボール部 アスレチックトレーナー
平成19年~平成20年:三菱重工相模原ラグビー部 理学療法士 兼 アスレチックトレーナー
平成20年~平成25年:bjリーグ 浜松・東三河フェニックス理学療法士 兼 アスレチックトレーナー
平成25年~平成26年:bjリーグ 秋田ノーザンハピネッツ 理学療法士 兼 アスレチックトレーナー 兼 通訳
平成27年~平成28年:bjリーグ 新潟アルビレックスBB 理学療法士 兼 アスレチックトレーナー 兼 通訳
平成28年~現在:開志国際高等学校 バスケットボール部 理学療法士 兼 アスレチックトレーナー