卓球部

選手からのメッセージ

健康スポーツ学科 2年

原 慶彦

新潟県 新潟青陵高校出身

切磋琢磨

部員それぞれが向上意識を持ち、常に大会を見据えた練習を行っています。本学卓球部は中国卓球を参考にした質の高い練習を取り入れており、技術力・精神力ともに向上したと実感しています。今年は目標である全国大会に向けて照準を合わせ、仲間と切磋琢磨していきたいと思います。

<主な戦歴>
北信越高等学校対抗卓球選手権大会 学校対抗戦 出場(2017)
北信越高等学校対抗卓球選手権大会 ダブルス 出場(2018)
北信越高等学校対抗卓球選手権大会 ダブルス/シングルス 出場(2019)

社会福祉学科 2年

鷺森 真理子

東京都 文化学園大学杉並高校出身

全国大会への出場

卓球部は男女間、そして先輩後輩の仲が良く、楽しい雰囲気の中で活動しています。その中で全国大会への出場を目指して、全員が質の高い練習ができるよう工夫しています。自分の中での最終目標でもある、個人、団体両方で全国大会に出場できるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

<主な戦歴>
東京選手権 ジュニアの部 出場(2019)

健康スポーツ学科 2年

齋藤 鳳人

新潟県 北越高校出身

全国大会を目指して

選手同士で練習メニューを工夫しながら、質の高い練習を行うことができています。昨年は試合を行う機会が少なかったですが、その分、練習や話し合いなどを行う時間が増え、他の大学に負けない団結力を築くことができました。チームメイトとともに、目標である全国大会出場を目指し、努力したいと思います。

<主な戦歴>
北信越高等学校選抜卓球大会 出場(2017)

理学療法学科 2年

若松 優希

福島県 郡山女子大学附属高校出身

両立

これまで続けてきた卓球を継続しながら、理学療法士になるという夢を叶えるために本学に入学しました。国家資格を取得することが一番の目標ですが、大学でも卓球を続けることで得られることがたくさんあります。また、今年からは女子も団体戦が組めるようになるため、女子の入部も大歓迎です!一緒に頑張りましょう!

<主な戦歴>
東北高等学校選抜卓球大会 団体 7位(2018)
全国選抜卓球大会 団体 出場(2018)

作業療法学科 2年

小塚 洋輝

宮城県 聖和学園高校出身

文武両道

本学には、卓球と学業の両立が高いレベルで行えるという魅力があります。忙しい中でも、先生方の手厚い支援により部活動と学業の両立を実現することができます。現在はコロナ禍で大会が少ない状況ではありますが、選手一人ひとりが目標を持ち、良い雰囲気で練習に取り組んでいます。他学科の仲間達から刺激を受けながら、お互いに高めあって卓球ができる環境に感謝してプレーしていきたいです。

<主な戦歴>
全国選抜卓球大会 団体戦 ベスト16(2018)
東北高校選抜卓球大会 出場(2019)

健康スポーツ学科 2年

武藤 大和

新潟県 新潟産業大学附属高校出身

全国大会を意識しながらの練習

昨年は新型コロナウイルスの影響で多くの大会が中止となり、何もできず我慢の年でした。その中でも、私たち卓球部は部員全員でミーティングを重ね、どのようにしたらより良い練習ができるかを話し合い、取り組んできました。今年こそは、北信越大会を勝ち抜いて、全国大会で存在感をアピールできるように頑張りたいと思っています。

<主な戦歴>
全日本卓球選手権大会 ジュニアの部 出場(2019)

健康スポーツ学科 2年

大渕 幹太

新潟県 新潟産業大学附属高校出身

切磋琢磨できる環境

私たちは、選手一人ひとりが意識高く練習に励み、卓球の実力だけではなく、どうすれば強くなるかなど自発的に考えて、時には先輩などにアドバイスを聞いたりして高め合うことができる卓球部です。また、卓球以外でも毎週金曜日にはトレーニングを行っています。身体づくりを行って卓球に活かしていくことができます。

<主な戦歴>
全国選抜卓球大会 団体 ベスト16(2018)